雌雄異株

2015年05月18日

Toxicodendron succedaneum (L.) Kuntze
Rhus succedanea L.

IMG_3492
2015/05/16 大阪城公園 飛騨の森 Canon PowerShot SX50 HS


ウルシ科 Anacardiaceae
ウルシ属 Toxicodendron
ハゼノキ T. succedaneum
synonym Rhus succedanea L.

雌雄異株の高木で、樹高は10mほどになる。樹皮は灰褐色から暗赤色。
葉は奇数羽状複葉で9-15枚の小葉からなる。小葉は長さ5-12cmの披針形で先端が尖る。表面は濃い緑色で光沢があるが、裏面は白っぽい。表裏ともに毛がない点で、日本に古来自生するヤマハゼと区別できる。秋に紅葉する。
花は円錐花序で、5-6月頃に黄緑色の小さな花を咲かせる雄花、雌花ともに花弁は5枚雄花には5本の雄しべがある。雌しべは3つに分かれている
秋に直径5-15mmほどの扁平な球形の果実が熟す。果実の表面は光沢があり無毛。未熟果実は緑色であり、熟すと淡褐色になる。中果皮は粗い繊維質で、その間に高融点の脂肪を含んだ顆粒が充満している。冬になると、カラスやキツツキなどの鳥類が高カロリーの餌として好んで摂取し、種子散布に寄与する。種子は飴色で強い光沢があり、俗に「きつねの小判」、若しくは「ねずみの小判」と呼ばれる。

果実を蒸して圧搾して採取される高融点の脂肪、つまり木蝋は、和蝋燭、坐薬や軟膏の基剤、ポマード、石鹸、クレヨンなどの原料として利用される。 日本では、江戸時代に西日本の諸藩で木蝋をとる目的で盛んに栽培された。 また、江戸時代中期以前は時としてアク抜き後焼いて食すほかすりつぶしてこね、ハゼ餅(東北地方のゆべしに近いものと考えられる)として加工されるなど、飢救作物としての利用もあった。現在も、食品の表面に光沢をつけるために利用される例がある。
木材は、ウルシと同様心材が鮮やかな黄色で、工芸品、細工物などに使われる。
ウィキペディアより引用


以前ハゼノキの紅葉を撮って以来ずっと花を撮りたかったが、目立たない花のため毎年花期を逃してしまい今回まで開花時期に出会うことが無かった。今回、鳥見に立ち寄ったついでに確認してみたら上手い具合に開花に出くわしたのです。ラッキーでした。^^;

なんせ、目立たない花なので、遠目ではまったく気付く事ができません。そばまで近寄って初めて気付く始末です。この場所はちょっと石垣を登らないといけないのでなかなかそばまで近寄らずに通り過ぎていたのでした。ずぼらはいけませんね。^^;



雄花(雄株)
IMG_3456
2015/05/16 大阪城公園 飛騨の森 Canon PowerShot SX50 HS

IMG_9039-tri IMG_9050-tri
2015/05/17 大阪城公園 飛騨の森 CANON IXY DIGITAL L2
雄花はめしべが退化してるようですが、葯は黄色くなって花粉をいっぱい含んでるのが見てとれます。



雌花(雌株)
IMG_3477
2015/05/16 大阪城公園 飛騨の森 Canon PowerShot SX50 HS

IMG_9067-tri IMG_9061-tri
2015/05/17 大阪城公園 飛騨の森 CANON IXY DIGITAL L2
雌花には退化したおしべが残ってるようです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 23:14コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月03日

Osmanthus fragrans var. aurantiacus
IMG_7843
2013_10_26 高槻市天神町付近にて(Canon IXY DIGITAL L2 使用)


今年は夏の猛暑のせいか、色んな植物の花期がずれ込んでいます。全く影響の無いものもあるようですが、多くの植物の秋の開花が遅れたり咲かなかったり、植物達は季節の変化にデリケートなだけに天候異常は強敵のようです。

キンモクセイも多分に漏れず開花は例年に比べ半月ほど遅れました。なかには例年通りに咲いていたものもありましたが、大半のものが遅れたようです。毎年キンモクセイの香りを楽しみにしてるだけに待ち遠しかったです。


ところで、このキンモクセイは雌雄異株である事は知っていましたが、いままで雄株にしか出会ったことがありません。調べてみると中国原産で花付きの良い雄株のみを輸入してその後挿し木等でクローンが増えて現状になったということらしい。

しかし、日本に雄株が来てから何年経つのか何百年経つのか知らないが、いままで雌株が入って来なかったことにずっと疑問を感じていました。いくら簡単に挿し木で増やせるからと言っても、あれほどの芳香で虫を誘い、花粉を運んでもらおうとしてもその雌花が無ければ無駄な行為に過ぎない。自然界にそんな矛盾があって良いのか?

それにもまして何十年何百年の間、キンモクセイの果実を見てみたいと思う学者や研究家が現れなかったのか?ということに大きな疑問を感じるのです。

改めてキンモクセイの雌株の事を調べてみましたが、どうも入手すること自体が困難なようです。こんなHPを見つけました。

中国ではキンモクセイの果実を見られるのか? 魚拓

結局、キンモクセイの雌株に関しては(謎)のままです。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 13:58コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年07月14日

Myrica rubra
ヤマモモ(山桃)
2010年07月10日 辻子谷にて



ヤマモモ目 Myricales
ヤマモモ科 Myricaceae
ヤマモモ属 Myrica

和名の由来は山に生えモモの様な果実をつけることから。別名として楊梅(ようばい)、山桜桃、火実などがあり、古代から和歌などにも詠まれる。名前にモモがつくがモモはバラ科であり、ヤマモモとモモは全くの別植物である。

高木で、成木は20mほどになり、幹は太くなると灰白色の樹皮に覆われ、多数の楕円形の皮目を持つ。古くなると縦の裂け目がでることが多い。葉は革質、つやのない深緑で、10cm前後の長楕円形か、やや倒卵形をしており、密に互生し、多くは枝先に束生する。成木では葉は滑らかな縁(全縁)だが、若木では不規則な鋸歯が出ることが多い。葉柄は5-10mm程度と短い。

雌雄異株で、花期は3-4月、数珠つなぎに小さな赤色の目立たない花をつける。6月ごろに黒赤色の実を結ぶ。果実はほぼ球形で暗赤色、表面に粒状突起を密生する。この突起はつやがあるので、外見的には小粒の赤いビーズを一面に並べたように見える。
ウィキペディアより引用


ヤマモモ(山桃) ヤマモモ(山桃)
2010年07月10日 辻子谷にて


近隣に雄株がないと結実しにくいようで、販売されている苗には雄株に雌株を接ぎ木したものもあるようですが、ヤマモモの花粉飛散距離は20〜30kmとも言われているようです。

来期は是非、雄花、雌花を撮ってみたいです。


syousuke0202 at 00:13コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: