豊国神社

2016年05月07日

Terpsiphone atrocaudata
DSC_9150
2016/05/04 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


カササギヒタキ科 Dicruridae
サンコウチョウ属 Terpsiphone
サンコウチョウ atrocaudata

日本、台湾、フィリピンのバタン島とミンダナオ島に分布する。日本には、夏渡来し繁殖する。日本で繁殖した個体の多くは、冬季中国南部からスマトラへ渡り越冬する。

全長は雄が約45cm(繁殖期)、雌が17.5cm。繁殖期のオスは、体長の3倍ぐらいの長い尾羽をもつ。羽色は、顔面部が黒紫色、腹部は濁白色、背面はやや赤みのある黒紫色、その他の部分は暗黒紫色で、アイリングと嘴は明るい水色である。 メスは、オスの色彩とほぼ同色であるが、オスと比較してアイリングと嘴の水色は不明瞭であり、更に、背部と尾部はかなり赤みの強い赤褐色をしている。尾羽は体長と同じくらいの長さにしか伸長しない。

平地から低山にかけての暗い林に生息する。繁殖期には縄張りを形成する。
食性は昆虫食で、林内で飛翔中の昆虫を捕食する。
樹上の細枝にスギやヒノキの樹皮を用いたカップ型の巣を作り、外側にウメノキゴケをクモの糸で張り付ける。産卵期は5-7月。抱卵日数は12-14日で、雌雄ともに抱卵する。雛は孵化後、8-12日で巣立つ。
地鳴きは、「ギィギィ」と地味だが、囀声は、「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」月・日・星、と聞えることから、三光鳥と呼ばれている。 また、他にも三光鳥と呼ばれる鳥としてイカルがいる。
ウィキペディアより引用


DSC_9026 DSC_9047
2016/05/04 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

5/4(水)
この日の大阪城公園はさすがにゴールデンウィーク、大勢の観光客で賑わっていました。そんな中、どんな夏鳥に出会えるかと期待に胸を膨らませて歩いていたんですが、いつもにまして鳥たちの気配を感じない。そしてバーダーもカメラマンも居ないのです。この日ははずれやったなぁと気落ちしながら豊国神社裏で座り込んで数少ないバーダーと話し込んでいました。

どこどこでクロツグミの雌、どこどこでセンダイムシクイ、これぐらいしか情報は入って来ませんでした。したかないので、クロツグミとムシクイを見て帰ろうかと思っていた矢先に、通りがかりの方から教育塔にサンコウチョウが出てるらしいとの情報が入って、じゃぁ駄目元で行って見ますかと、連れもって移動したんです。

着いてみると、なんと大阪城中のバーダーとカメラマンが集まってるではないですか!
凄い光景です。先日、ヨタカが出たときの桜広場も凄かったけど、この日も凄い!
さすがサンコウチョウは人気者ですね。^^

すらーっと尾の長い雄でした。アイリングも水色でとっても綺麗です。飛んでる姿もとても綺麗な鳥です。光量の少ない林の中で上手く撮れませんでしたが、しっかり観察する事ができました。


オオルリ
DSC_8980
2016/05/04 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


逆光で見ると、お腹が白くて尾の長さ以外はサンコウチョウと似ていそうですが、これはオオルリです。
いつもなら目の色を変えて追い掛け回すほどの人気者なのに、この日はサンコウチョウにお株を奪われて、オオルリ君は人気薄。オオルリが尻目にされるほど、サンコウチョウの人気はダントツなんですね。可笑しなもんです。^^;



DSC_9206-ret DSC_9210
2016/05/05 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


翌日(5/5)、教育塔裏には昨日のサンコウチョウはまだ居たようです。そして、豊国神社東に別の尾の短いサンコウチョウが出ました。しかし、サンコウチョウは去年も出会いましたが、撮るのは難しいです。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 23:25コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年04月12日

accipiter gentilis
IMG_1057
2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

タカ科 Accipitridae
ハイタカ属 Accipiter
オオタカ A. gentilis

4/4(月) デスクワークの合間、気分転換にいつものように大阪城公園に向かいました。
オオルリが到着してるという情報も入っていたので、今シーズンお初に出会えると良いなぁ、なんて考えながら歩いてると、オオタカがカワラバトを捕獲した直後に出会いました!

先日のオオタカと同じかどうかは分かりませんが、幼鳥のようです。
しかし、先日オオタカに出会った興奮も冷めないうちにこんなシーンに出くわすとはほんまに驚きです。こんな事があるから、少しでも時間があると足が勝手にこちらに向いてしまいます。^^;


IMG_1071
2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

IMG_1539
2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

探鳥しながら歩いてると、ハトのものらしき羽毛が見事に散乱してるところに出会うことが度々ありますが、これだったんですね。今まで現場に出くわさなかっただけで、このような狩りは頻繁に行われていたんだ!


IMG_1540
2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

IMG_1582
2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

IMG_1594
2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

獲物を食べながら、途中何度も横取りを企むカラスを警戒してましたが、結果カラスたちはあきらめたようで、オオタカはハト丸ごと一羽をほぼ平らげてしまいました。骨なんて丸飲みです。確かに歯が無いので噛めないから当たり前なんですが、ちょっと驚きましたよ。
さすがにお腹いっぱいなんでしょう。胃の辺りがパンパンです。観察してると首から下を左右にくねらせていましたが、あの動作は胃の内容物を腸に落とすための仕草のように見えました。人の大食い選手権のように。(笑)



2016/04/04 Canon PowerShot SX50 HS

動画も撮ってみました。
はじめの方はピンが合ってなくて見辛いですが、途中カラスを警戒するシーンまでの繋がりを残したかったので敢えてカットしませんでした。下手な動画で申し訳ありません。m(_)m


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 22:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月21日

accipiter gentilis
IMG_0483
2016/03/20 大阪城公園にて Canon PowerShot SX50 HS


タカ科 Accipitridae
ハイタカ属 Accipiter
オオタカ A. gentilis
タカ目タカ科に属する中型の種である。日本における鷹類の代表的な種である。古今、タカといえば、オオタカを指すことが多い。

雄の全長約50cm、雌の全長約60cm、翼開長約100-130cm。日本の亜種は白い眉斑と黒い眼帯が特徴である。北海道ではユーラシアの亜種が往来するので別種とされていたが、現在は本州の亜種と同じものとして扱われている。

北アフリカからユーラシア大陸、北アメリカ大陸にかけて分布する。日本列島では南西・南方諸島を除く全域に分布する。

留鳥として周年生息するオオタカもあるが、一部のオオタカは、越冬のため南下を行う(鷹の渡り)。

平地から山岳地帯にまで生息している。飛翔能力が高く、中小型の鳥類(ハト・カモ等)や小型哺乳類(ネズミ・ウサギ・オコジョ等)を空中あるいは地上で捕らえる里山の猛禽類。食物連鎖の頂点に位置するため、生態系の自然が健全でないと生息できない(ただし今日では人里に進出しているのが確認されている、後述)。飛ぶ速さは水平飛行時で時速80km、急降下時には時速130kmにも達する。
一度狙いをつけた獲物は執拗に追い続け、それゆえ狩りの時間は長くなることもある。一日に一度の狩りで食を満たすことができる。
ウィキペディアより引用


ここ最近は鳥見ばかりに夢中になって、しばらくマクロレンズを使ってなかったので、昨日から久しぶりにEOS と100 MACROを持ち出しました。鳥は撮らずに、花を撮る。昨日はそう決めて出かけたのでした。

そして自宅近くの遊歩道を歩き始めたら、さっそく潅木の枝葉の隙間に飛び込む鳥が眼に入ったのです。眼で追ってみるとその鳥の正体はウグイスでした。この遊歩道でウグイスに出会うのは初めてのことなんです。カメラは草花モードになってるのに、当の人間は野鳥モードのまま。よりにもよって、マクロレンズしか持ち出してないときに出会うとは・・・ (^_^;

その失敗から、今日はMACROセットだけでなく、sx50HSと双眼鏡も持ち出しました。
草花を撮るつもり、と言いながらもしっかり鳥を探してしまうんです。やはり、鳥見は楽しい!
結局、MACROセットでは50枚ほどしか撮らずでしたが、sx50HSの方は450枚撮ってました。
それに今日は出会った鳥の種類も多かったんです。イカルにも出会いました。大阪城公園では久しぶりです。それになんと言っても、初めての大物です。まさか、オオタカに出会えるとは思っても見なかった!
大阪城公園でも出会えるとは聴いていたけど、この目で見て感激。おまけに撮影できて超感激です。(^▽^)


IMG_0496
2016/03/20 大阪城公園にて Canon PowerShot SX50 HS


大阪城公園では、ペットとして猛禽を飼ってる人たちが自慢のペットを披露しに来てるところにはよく出会いますが、野生のタカを目の前にするのは初めてでした。カッコいいですね〜 さすがに食物連鎖の頂点に位置する猛禽です。幼鳥でありながらもその勘緑は十分です。

ちなみにこのオオタカは幼鳥のようですね。
胸の班が縦長なのが幼鳥で、成鳥になると横班になるそうです。


IMG_0585 IMG_0737
2016/03/20 大阪城公園にて Canon PowerShot SX50 HS


<2016/04/12 追記> オオタカの狩り


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

syousuke0202 at 00:58コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年06月01日

Hirundo rustica
IMG_4001
2015/05/31 大阪城公園 豊国神社南にて Canon PowerShot SX50 HS

ツバメ科 Hirundinidae
ツバメ属 Hirundo
ツバメ H. rustica

古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。
全長は約17 cm、翼開長は約32cm。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤い。腹は白く、胸に黒い横帯がある。尾は長く切れ込みの深い二股形で、この尾の形をツバメにちなんで燕尾形という。翼が大きく、飛行に適した細長い体型である。脚は短く歩行には不向きで、巣材の泥を求めるとき以外は地面に降りることはめったにない。
鳴管が発達しており、繁殖期になるとオスはチュビチュビチュビチュルルルルと比較的大きなさえずり声で鳴く。日本語ではその生態を反映して「土食て虫食て口渋い」などと聞きなしされる。さえずりは日中よりも早朝から午前中にかけて耳にする機会が多い。
飛翔する昆虫などを空中で捕食する。また、水面上を飛行しながら水を飲む。
北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県以外で繁殖し、沖縄県では旅鳥。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。一部、越冬する個体があり、しばしば「越冬ツバメ」と呼ばれる。
ウィキペディアより引用


IMG_4141
2015/05/31 大阪城公園 豊国神社南にて Canon PowerShot SX50 HS


この日はあまり鳥たちとも会えず、手ぶらかなぁなんて思ってたらラッキーな事に巣立ちしたばかりだろうと思われるツバメの家族に出会いました。巣がどこにあったのかは分かりませんが、まだおぼつかない翼を広げて飛行訓練をしているようでした。飛ぶのも止まるのも全てがギクシャクしている。体は親鳥と同じ大きさなのにまだ顔いっぱいに嘴を広げて餌をねだっていました。(笑)

この上の写真では、とっても立派な姿に見えますが、巣立ちしたばかりのお子様です。^^

ちなみに、ツバメの雌雄の見分け方は、雄は、雌よりも尾羽(燕尾)が長いらしく、幼鳥(若鳥)の尾羽は、特に短いとのこと。長くて立派な燕尾が雄の特徴で、その燕尾が長ければ長いほど、強い雄のようです。


IMG_4154 IMG_4155

IMG_4156 IMG_4194

IMG_4224 IMG_4262
2015/05/31 大阪城公園 豊国神社南にて Canon PowerShot SX50 HS


ツバメに限らず鳥たちの子育てを見てると、親って大変やなぁとつくづく感心します。(笑)


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 20:44コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月18日

Ficedula narcissina
IMG_7317
2014/05/06 生駒山麓 ぬかた園地にて Canon PowerShot SX50 HS

DSC_4295
2015/04/11 大阪城公園 野外音楽堂西にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


ヒタキ科 Muscicapidae
キビタキ属 Ficedula
キビタキ F. narcissina

サハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬期はフィリピンやボルネオなどの東南アジアへ渡りをおこない越冬する。
日本では夏鳥として全国の山間部で基亜種のキビタキ(学名:F.n. narcissina)が普通に見られる

全長13~14cm。雄は頭部から背面にかけて黒く、眉斑、腹部と腰は黄色。翼に白い斑がある。喉は、鮮やかな橙黄色である。雌は上面は褐色で、腹部は褐色がかった白色。また、雄の幼鳥も雌と良く似た褐色で、野外で幼鳥の性別を判断することは、ほぼ不可能である。

山地の明るい雑木林に住み、昆虫類、節足動物等を捕食する。時々空中捕食や地上採食もする。

「ピッコロロ、ピッコロロ」と美しい声で鳴く。さえずりには多くの種類があり、生息地域によっても異なる。また、キビタキの囀声は大変に変化に富んでおり、時には「オーシツクツク」とまるでセミのツクツクボウシの鳴声とそっくりな囀りをすることがある。他の鳥類の声を真似ることもある。
ウィキペディアより引用

鳴き声: さえずり 地鳴き サントリーの愛鳥活動 website


IMG_6343 IMG_6372
2014/04/23 大阪城公園 市民の森にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_6380 IMG_6382
2014/04/23 大阪城公園 市民の森にて Canon PowerShot SX50 HS


昨年、大阪城公園で初めてこの鳥と出会いました。
こんなにきれいな鳥を地元で見れるなんて夢にも思わなかったので、いっきにバードウォッチングの世界にのめり込んでしまいました。おまけにこのとき、オオルリにも出会ったのです。

そして来るべきシーズンになって少しコツがわかると、こんなきれいな鳥たちとも案外出会えるものなんですね。バードウォッチングの楽しさが分かってきました。^^

しかし、まだまだ鳥を見つけることが難しくて、声は聞こえているのに見つけれないままシャッターチャンスを逃す事ばかりです。この難しさが出会ったときの喜びを増大させてくれるんですね。ますます填まりそうです。


IMG_3060
2015/04/30 大阪城公園 野外音楽堂西にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_3511
2015/05/17 大阪城公園 飛騨の森にて Canon PowerShot SX50 HS


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 00:15コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年04月20日

Emberiza spodocephala♂
IMG_2573
2015/04/19 大阪城公園 豊国神社南東にて Canon PowerShot SX50 HS


ホオジロ科 Emberizidae
ホオジロ属 Emberiza
アオジ E. spodocephala

詳細は、こちらの記事(2015年02月08日 アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)

まだアオジの鳴き声を覚えていなかった私は、ここで聞く綺麗なさえずりにうっとりしてました。
そして、かなり近いところでさえずってるのに鳥見初心者の私はその姿を見つけれずにいました。

こんな綺麗な声で鳴く鳥ってどんな鳥かなぁ。
そんなことを思いながらじっと聞いていると、いきなり目の前の木の根元付近に現れたんです。
2メートルも離れていませんでした。そしてしばらく側でさえずってくれたんです。
いつもは遠くの鳥ばかり撮ってたのであわてましたよ!
近すぎてピント合わせるのにえらい手間取ってしまいました。
ほんま嬉しい悲鳴でした。(^▽^)

この日の私はビビットなコバルトブルーのパーカーを着ていて凄く目立つのに、鳥から近づいてくれるなんて夢にも思ってなかったので本当に驚きました。出来るだけ脅かさないよう静かに、そして大きな動きはしないよう意識はしてましたけどね。この日の体験で分かった事は、音や大きな動きで脅かさなければ、別に迷彩色でカムフラージュしたりしなくとも大丈夫だということです。もちろん鳥の種類や他の条件などにもより、一概には言えないのだろうとは思いますが・・・

ちなみにベテランのバーダーに聞くところによると、赤色はあまりよろしくないとのことでした。 ^^;


IMG_2597

IMG_2610

IMG_2618

IMG_2624

IMG_2627
2015/04/19 大阪城公園 豊国神社南東にて Canon PowerShot SX50 HS



Canon PowerShot sx60HS 売り場でいじくりたおしてきました。買い換えたい〜〜〜


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

syousuke0202 at 21:52コメント(5)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年02月08日

Emberiza spodocephala
IMG_0866
2015/02/07 豊国神社南側にて Canon PowerShot SX50 HS


ホオジロ科 Emberizidae
ホオジロ属 Emberiza
アオジ E. spodocephala

インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。

全長14-16.5 cm。体重16-25 g。上面は褐色の羽毛で覆われ、黒い縦縞が入る。中央部2枚の尾羽は赤褐色。外側の左右5枚ずつは黒褐色で、最も外側の左右2枚ずつは白い。
上嘴は暗褐色、下嘴の色彩は淡褐色。後肢の色彩は淡褐色。
オスは眼先や喉が黒い。

開けた森林や林縁に生息する。非繁殖期には藪地などにも生息する。非繁殖期には群れを形成することもあるが、単独でいることが多い。用心深い性質で、草むらの中などに身を潜める。
植物の種子や昆虫類を食べる。地上で採食する。
繁殖形態は卵生。地表や低木の樹上に植物の茎や葉を組み合わせたお椀状の巣を作り、5-7月に1回に3-5個の卵を産む。抱卵期間は14-15日で、雌が抱卵し、雛は孵化してから12-13日で巣立つ。雄は繁殖期に縄張りをもち、高木の上などの高所でさえずる。
ウィキペディアより引用


鳴き声: さえずり 地鳴き サントリーの愛鳥活動 website


IMG_0865-tri
2015/02/07 豊国神社南側にて Canon PowerShot SX50 HS


昨年から出会いたいと思い続けていたんですがなかなか出会えず、警戒心の強い鳥のようなので、たぶん近くにいてもよう見つけれなかったのでしょう。^^;

今シーズン、たぶんアオジと思われる鳥とは数少ないながら何度か出会っているのに、残念ながら撮れたのは初めてです。上手く撮れなかったけど、こういうのは嬉しいね。^^

青といっても蓬(よもぎ)色なので、森の中では見事なカムフラージュで、私のような鳥見初心者には手ごわい相手です。しかし、きれいな鳥です。ぜひまた出会ってみたい。

ちなみに和名のアオは緑色も含めた古い意味での青の意でオスの色彩に由来するそうです。青色の和名にはオオルリ、ルリビタキなどのように瑠璃色が用いられているようです。


<追記>
2015年04月20日 アオジ♂  至近距離で出会いました。^^


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

syousuke0202 at 01:02コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: