虫癭

2015年05月12日

Rosa multiflora
IMG_3105-tri
2015/05/02 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS


バラ科 Rosaceae
バラ亜科 Rosoideae
バラ属 Rosa
ノイバラ R. multiflora

ノイバラは北海道西南部から九州、朝鮮半島に分布する落葉の低木。原野や河原などのやや水分条件が良く、日当たりの良い場所に生育する。高さ数mになることもあるが、半ツル性であり、引っかかる場所がない場所では高さ1m程度である。茎は次第に太くなるが、長い年月にわたって成長し続けることはなく、根本から太くて勢いの良い幹を出し、その後茎はあまり伸びず、細く枝分かれする。
葉は羽状複葉であり、葉の表面は光沢がない。5月に枝先に総状の花序を形成する。花の直径は2cm前後。秋に赤い果実が稔り、民間薬として利用されたり、花材としても使われる。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


河川敷の葦原で鳥見する予定で歩いてると、とても良い香りがしてきます。銘柄は分からないけど、覚えのあるパヒュームコロンの香りです。でもまさか河川敷で香水というのも可笑しな話で、いったいどこから香ってくるのか?

少し離れたところに白花が咲いてましたが距離がありすぎたのでまさかと思いながら移動すると、また香ってきます。やはり少し離れたところに白花が!
花の香りって、風に乗って漂ってくるんですね。じつはノイバラがこれほど良い香りを漂わせるとは知りませんでした。^^;


IMG_3099-tri IMG_3119-tri
2015/05/02 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_7767 IMG_7733-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8

ノイバラの和名は野に生育するイバラであり、名前の通り有棘植物である。調査の際にはこの棘に悩まされる。バラ科植物の中には棘がある種がたくさんあるが、棘の種類には短枝の先端が棘になったものと葉が変形したものがある。ノイバラの棘は根元から取れ、葉が変形した棘であることがわかる。
ノイバラの葉は複葉であり、小さな葉(小葉)が組合わさって1枚の葉を形成している。小葉は2〜4対あるが、3対であることが多い。葉の表面は光沢がなく、無毛であるが、裏面の脈上には目立たない微毛がある。葉の基部には葉柄と合着した托葉がある。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


IMG_7765 IMG_7774
2015/05/11 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8


あれっ、もう、ローズヒップがついてる?
よく見るとバラの果実ではなさそうですが、いったい何かな?

調べてみました。(ninooomatusakuraaiさん、ご教授ありがとうございました。)
バラハタマフシ(薔薇葉玉附子)という虫こぶ(虫癭 / ちゅうえい)だそうです。
バラハタマバチ(薔薇葉玉蜂)という蜂がバラの新芽に産卵して作るらしい。
主にバラの葉の葉脈上に形成される、小さな突起のある球形の虫こぶです。
内部は穴が一つ開き、一匹の幼虫がいます。
京都自然教室 図鑑より引用

ちなみに、バラハタマバチの幼虫に産卵する寄生蜂もいるそうなので、この虫こぶからバラハタマバチが出てくるとは限らないそうです。この虫こぶ、採取して飼育してみればよかったです。次に見つけることがあったら、家に連れて帰ろう!(笑)

しかし、果実のつもりでかじらなくて良かった〜 ^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

syousuke0202 at 00:17コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: