淀川河川敷

2015年05月12日

Rosa multiflora
IMG_3105-tri
2015/05/02 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS


バラ科 Rosaceae
バラ亜科 Rosoideae
バラ属 Rosa
ノイバラ R. multiflora

ノイバラは北海道西南部から九州、朝鮮半島に分布する落葉の低木。原野や河原などのやや水分条件が良く、日当たりの良い場所に生育する。高さ数mになることもあるが、半ツル性であり、引っかかる場所がない場所では高さ1m程度である。茎は次第に太くなるが、長い年月にわたって成長し続けることはなく、根本から太くて勢いの良い幹を出し、その後茎はあまり伸びず、細く枝分かれする。
葉は羽状複葉であり、葉の表面は光沢がない。5月に枝先に総状の花序を形成する。花の直径は2cm前後。秋に赤い果実が稔り、民間薬として利用されたり、花材としても使われる。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


河川敷の葦原で鳥見する予定で歩いてると、とても良い香りがしてきます。銘柄は分からないけど、覚えのあるパヒュームコロンの香りです。でもまさか河川敷で香水というのも可笑しな話で、いったいどこから香ってくるのか?

少し離れたところに白花が咲いてましたが距離がありすぎたのでまさかと思いながら移動すると、また香ってきます。やはり少し離れたところに白花が!
花の香りって、風に乗って漂ってくるんですね。じつはノイバラがこれほど良い香りを漂わせるとは知りませんでした。^^;


IMG_3099-tri IMG_3119-tri
2015/05/02 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_7767 IMG_7733-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8

ノイバラの和名は野に生育するイバラであり、名前の通り有棘植物である。調査の際にはこの棘に悩まされる。バラ科植物の中には棘がある種がたくさんあるが、棘の種類には短枝の先端が棘になったものと葉が変形したものがある。ノイバラの棘は根元から取れ、葉が変形した棘であることがわかる。
ノイバラの葉は複葉であり、小さな葉(小葉)が組合わさって1枚の葉を形成している。小葉は2〜4対あるが、3対であることが多い。葉の表面は光沢がなく、無毛であるが、裏面の脈上には目立たない微毛がある。葉の基部には葉柄と合着した托葉がある。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


IMG_7765 IMG_7774
2015/05/11 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8


あれっ、もう、ローズヒップがついてる?
よく見るとバラの果実ではなさそうですが、いったい何かな?

調べてみました。(ninooomatusakuraaiさん、ご教授ありがとうございました。)
バラハタマフシ(薔薇葉玉附子)という虫こぶ(虫癭 / ちゅうえい)だそうです。
バラハタマバチ(薔薇葉玉蜂)という蜂がバラの新芽に産卵して作るらしい。
主にバラの葉の葉脈上に形成される、小さな突起のある球形の虫こぶです。
内部は穴が一つ開き、一匹の幼虫がいます。
京都自然教室 図鑑より引用

ちなみに、バラハタマバチの幼虫に産卵する寄生蜂もいるそうなので、この虫こぶからバラハタマバチが出てくるとは限らないそうです。この虫こぶ、採取して飼育してみればよかったです。次に見つけることがあったら、家に連れて帰ろう!(笑)

しかし、果実のつもりでかじらなくて良かった〜 ^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

syousuke0202 at 00:17コメント(4)トラックバック(0) 

2015年05月11日

Vicia villosa subsp. Varia
IMG_3389-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷毛馬にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_7713-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷毛馬にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8


マメ目 Fabales
マメ科 Fabaceae
ソラマメ属 Vicia
ナヨクサフジ Vicia villosa subsp. Varia

つる性1年草
ヨーロッパ原産で飼料や緑肥として栽培されている。1943年に天草島での帰化が報告され、現在では本州〜沖縄県にかけて道ばたや河川敷に見られる。全体無毛または伏した毛が散生する。茎はよく分岐して他物にまとわりついて広がり、長さ2mほどになる。葉は、狭楕円形の小葉が10対ほどつく羽状複葉で、頂片は巻きひげとなる。基部にはやや不規則な形状をした托葉があって互生する。葉腋に花序を立て、長さ1.5cmほどの紫色の蝶形花を1方向に穂状につける。萼筒はほぼ無毛で柄が下側につく。花期は春から夏。(日本帰化植物写真図鑑)
旗弁の爪部(筒状部)が長く、旗弁の舷部(そり返った部分)のほぼ2倍の長さがある。
松江の花図鑑より引用


IMG_7694 IMG_7696
花の筒部は、旗弁の舷部(左右にそりかえった部分)より長い

IMG_7727 IMG_7730
複葉は、小葉が細く10-24枚

IMG_2464-tri IMG_7727-tri
托葉はミトンのように不規則に裂けるものが多い

在来種のクサフジにかわって増えている帰化植物で、クサフジの仲間によく似ています。花の筒部が長いのは、在来種にはない特徴らしく、ナヨクサフジを同定するポイントとして有力なようです。

日当たりの良い草地には普通に見られるそうですが、いつものトレッキングコース(生駒山など)では全く見かけることはありません。やはり、河川敷と里山では植生がまったく違いますね。当然の事ですが、植生が変わればそこで見られる野鳥も違ってきます。そういう目で観察すると、淀川河川敷も楽しいコースです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 17:00コメント(5)トラックバック(0) 

2015年05月03日

Cisticola juncidis
IMG_3139-tri
2015/05/02 淀川河川敷毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS


セッカ科 Cisticolidae
セッカ属 Cisticola
セッカ C. juncidis

全長は約13cm、スズメより小さい。翼開長は約16 cm。成鳥夏羽は頭の上が褐色で、体の上面は黄褐色に黒褐色の縦斑、体下面は淡い黄褐色である。尾羽は黒褐色で先端が白い。また尾を広げると扇状になる。冬羽は頭の上も黄褐色に黒褐色の縦斑となる。雌雄同色。

チガヤ、ススキなどの生える平地から山地の草原、河原、水田に生息し、昆虫やクモを食べる。繁殖は、オスは草とクモの巣で楕円形の巣を作り、メスを呼び込む。体の大きさや羽色の面からも、普段はあまり目立たない鳥であるが、繁殖期には「ヒッヒッヒッヒッ・・・・ジャッジャッジャッ」と鳴きながら、波線状に低空を飛翔する姿がよく観察される。

アフリカ、ヨーロッパ南部、インド、東南アジア、中国南部、台湾、日本、オーストラリア北部に分布。日本では沖縄諸島から東北地方にかけて分布するが、北日本に住むものは冬になると暖かい地方に移動する。
ウィキペディアより引用


前に淀川河川敷の葦原でオオジュリンに出会ったとき近くのワンドでバンやオオバンにも出会って、いつもの大阪城公園とは出会う鳥たちとはずいぶん種が違う事を知りました。環境が違うので当然といえば当然なんですが、それ以来このあたりの事が気になってしかたありません。^^;

子供の頃は淀川河川敷が遊び場だったのに、当時は鳥たちにさほど興味もなく、昆虫や魚にばかり気を取られていたことが今になって思えばもったいない事をしたと感じています。ま、その分これから取り戻す楽しみはありますが・・・ (笑)





葦原の中から声は聞こえるんですが、なかなか撮影できるところまで出てきてくれず、写真はあまり撮れませんでした。でも今回の出会いで声は完全に覚えたので、これからも追いかけてみようと思います。ひとまず備忘録として!


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 20:37コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月06日

Mazus miquelii
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
2010年04月04日 淀川河川敷(寝屋川点野付近)にて


ゴマノハグサ科
サギゴケ属

花の形が鷺に似ているからこの名前になったようです。トキワハゼ(常盤はぜ)に似ていますが,花がやや大きく色も濃いようです。また,地面を這う横枝を出すので,トキワハゼと区別できます。田圃のあぜ道などに多く見られます。
植物園へようこそ!より引用


観察してみると、ほふく茎で広がっていくようです。地面を覆うイメージから苔と呼ばれるのではないでしょうか?

白花もあるそうですが、それはサギゴケと呼ぶそうです。

オオイヌノフグリより少し大きな花。
土手で踏みつけられながらも健気に咲いていました。^^


ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)

もう少し絞り込んで撮りたいです。
露出の組み合わせを変えれないコンデジでは難しい。^^;
マクロレンズが益々欲しくなってきました〜


<追加>
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
2010年05月16日 生駒山麓くさか園地にて


橙色の班紋があるところにこん棒状の毛が生えています。

花は唇形で、長さ1.5〜2cm、上唇は2裂、下唇は3裂しています。萼は5裂しています。雄しべ4、雌しべ1は、上唇に沿ってついています。

花冠の筒状の部分や萼、花柄、茎などに腺毛が生えています。

葉は長楕円形で全体に波うち、花期の終わりごろから地上に匍匐茎を伸ばします。この頃から葉の形は短楕円形(卵型)になるようです。

同属のトキワハゼ(常盤はぜ)、とてもよく似ています。

似ている花:
トキワハゼ(常盤はぜ)
カキドオシ(垣通)
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 05:53コメント(0)トラックバック(0) 
毛馬閘門
2010年04月04日 毛馬閘門付近にて


あまりに天気が良いので久しぶりにママチャリで淀川河川敷を散策しました。
実は憧れの「紫花菜」との出会いを求めて・・・^^;



ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔


ふと、目に飛び込んできた小さな花!
オオイヌノフグリにしては大きいなぁと立ち止まって観察すると、これは初対面の野草でした。


結局、紫花菜には出会えなかったけど、気付いたら枚方まで来てしまった!
流星号(MTB)にすればよかったなぁ。^^;


笠置残石

木津川の残石について

この花崗岩の切石は、徳川幕府二代将軍秀忠が、元和六年(1620)からおよそ十年の歳月をかけて行った大坂城再建に際し、木津河畔の京都府相楽郡加茂町から切り出された石材の一つです。当時山城国相楽郡の一部を治めていた藤堂高虎が、普請を行うにあたって領内の加茂・笠置付近の石材に注目、高虎が担当した城内の石垣や城壁などに用いられました。元和九年(1623)に木津川流域に点在していた、残石を調査した記録には訳五百個もの石が記録されていますから、当初どれほどの石材が切り出されたのでしょうか。

これらの残石は、その後大坂城の修復用に用いられましたが、木津川が流す大量の土砂に埋もれいつしか忘れられていたのを、昭和五十年(1975)十一月、加茂町大野の木津川原や赤田川河口付近の護岸工事の際、数十個の残石が発見されました。
現在木津川流域で赤田川河口を中心に、妬く六十個ほどの残石が確認されていますが、大坂築城の壮大さもさることながら、これだけの巨石をも運んでいた淀川を中心にした舟運の活況は、人々と河川の重要な繋がりを語るにふさわしい歴史の一齣でしょう。

平成十五年七月設置
淀川河川事務所
写真の看板より



トイレ満員御礼 ワンド
左:大川河川敷の花見客で混雑するトイレ  右:淀川のワンド


河川敷は花見客でごった返して自転車では通りにくかった。^^;
地面が見えないほどブルーシートが敷き詰められ、宴会で賑わっていました。
楽しそうで良いのですが、ゴミは持って帰ろうね〜

2010年04月04日の散策

syousuke0202 at 05:32コメント(4)トラックバック(0) 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: