毛馬

2015年05月23日

Acrocephalus arundinaceus
IMG_3838
2015/05/23 淀川左岸河川敷 毛馬にて Canon PowerShot SX50 HS


ヨシキリ科 Acrocephalidae
ヨシキリ属 Acrocephalus
オオヨシキリ A. arundinaceus

夏季はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季はアフリカ大陸中部以南やユーラシア大陸南部等で越冬する。日本では夏季に亜種オオヨシキリが繁殖のためほぼ全国に飛来する(夏鳥)。
全長18.5cm雌雄同色で、背面は緑褐色腹面は淡褐色の羽毛で覆われる。
眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は白く明瞭。嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く黒い筋模様(過眼線)が入る。
ヨシ原等に生息する。
食性は動物食で、昆虫類、節足動物等を食べる。ヨシ原や周囲の森林で獲物を捕食する。ヨシを切り裂いて中にいる獲物を捕食するとされ、和名の由来とされる。
繁殖形態は卵生。繁殖期には縄張りを形成し、しばしば1羽のオスに対し複数羽のメスによるハーレムを形成する。ヨシの茎や葉等を組み合わせたお椀状の巣を作り、日本では5-6月に1回に4-6個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は13-15日。雛は生後11-13日で巣立つ。カッコウに托卵の対象とされることもある。
ウィキペディアより引用



IMG_3843 IMG_3696

IMG_3717 IMG_3711
2015/05/23 淀川左岸河川敷 毛馬にて Canon PowerShot SX50 HS


この時期、葦原のある淀川の河川敷を歩くとあちこちから、「ギョシギョシ、ケケチケケチ」となんとも奇妙なやかましい声で鳴いています。ほんとうにやかましいです。でも見た目もけっして美しくないですが、ものすごく愛嬌を感じます。(笑)

大声で鳴くので存在感はあるのですが、広い葦原の中に居るので、なかなかはっきりと姿を見ることができません。見えても、葦がかぶってしまうのです。すぐそばに居るのが分かってるだけに意地になって河川敷に通いました。^^;





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 22:15コメント(2)トラックバック(0) 

2015年05月11日

Vicia villosa subsp. Varia
IMG_3389-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷毛馬にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_7713-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷毛馬にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8


マメ目 Fabales
マメ科 Fabaceae
ソラマメ属 Vicia
ナヨクサフジ Vicia villosa subsp. Varia

つる性1年草
ヨーロッパ原産で飼料や緑肥として栽培されている。1943年に天草島での帰化が報告され、現在では本州〜沖縄県にかけて道ばたや河川敷に見られる。全体無毛または伏した毛が散生する。茎はよく分岐して他物にまとわりついて広がり、長さ2mほどになる。葉は、狭楕円形の小葉が10対ほどつく羽状複葉で、頂片は巻きひげとなる。基部にはやや不規則な形状をした托葉があって互生する。葉腋に花序を立て、長さ1.5cmほどの紫色の蝶形花を1方向に穂状につける。萼筒はほぼ無毛で柄が下側につく。花期は春から夏。(日本帰化植物写真図鑑)
旗弁の爪部(筒状部)が長く、旗弁の舷部(そり返った部分)のほぼ2倍の長さがある。
松江の花図鑑より引用


IMG_7694 IMG_7696
花の筒部は、旗弁の舷部(左右にそりかえった部分)より長い

IMG_7727 IMG_7730
複葉は、小葉が細く10-24枚

IMG_2464-tri IMG_7727-tri
托葉はミトンのように不規則に裂けるものが多い

在来種のクサフジにかわって増えている帰化植物で、クサフジの仲間によく似ています。花の筒部が長いのは、在来種にはない特徴らしく、ナヨクサフジを同定するポイントとして有力なようです。

日当たりの良い草地には普通に見られるそうですが、いつものトレッキングコース(生駒山など)では全く見かけることはありません。やはり、河川敷と里山では植生がまったく違いますね。当然の事ですが、植生が変わればそこで見られる野鳥も違ってきます。そういう目で観察すると、淀川河川敷も楽しいコースです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 17:00コメント(5)トラックバック(0) 

2015年05月03日

Cisticola juncidis
IMG_3139-tri
2015/05/02 淀川河川敷毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS


セッカ科 Cisticolidae
セッカ属 Cisticola
セッカ C. juncidis

全長は約13cm、スズメより小さい。翼開長は約16 cm。成鳥夏羽は頭の上が褐色で、体の上面は黄褐色に黒褐色の縦斑、体下面は淡い黄褐色である。尾羽は黒褐色で先端が白い。また尾を広げると扇状になる。冬羽は頭の上も黄褐色に黒褐色の縦斑となる。雌雄同色。

チガヤ、ススキなどの生える平地から山地の草原、河原、水田に生息し、昆虫やクモを食べる。繁殖は、オスは草とクモの巣で楕円形の巣を作り、メスを呼び込む。体の大きさや羽色の面からも、普段はあまり目立たない鳥であるが、繁殖期には「ヒッヒッヒッヒッ・・・・ジャッジャッジャッ」と鳴きながら、波線状に低空を飛翔する姿がよく観察される。

アフリカ、ヨーロッパ南部、インド、東南アジア、中国南部、台湾、日本、オーストラリア北部に分布。日本では沖縄諸島から東北地方にかけて分布するが、北日本に住むものは冬になると暖かい地方に移動する。
ウィキペディアより引用


前に淀川河川敷の葦原でオオジュリンに出会ったとき近くのワンドでバンやオオバンにも出会って、いつもの大阪城公園とは出会う鳥たちとはずいぶん種が違う事を知りました。環境が違うので当然といえば当然なんですが、それ以来このあたりの事が気になってしかたありません。^^;

子供の頃は淀川河川敷が遊び場だったのに、当時は鳥たちにさほど興味もなく、昆虫や魚にばかり気を取られていたことが今になって思えばもったいない事をしたと感じています。ま、その分これから取り戻す楽しみはありますが・・・ (笑)





葦原の中から声は聞こえるんですが、なかなか撮影できるところまで出てきてくれず、写真はあまり撮れませんでした。でも今回の出会いで声は完全に覚えたので、これからも追いかけてみようと思います。ひとまず備忘録として!


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 20:37コメント(0)トラックバック(0) 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: