バラ科

2015年05月12日

Rosa multiflora
IMG_3105-tri
2015/05/02 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS


バラ科 Rosaceae
バラ亜科 Rosoideae
バラ属 Rosa
ノイバラ R. multiflora

ノイバラは北海道西南部から九州、朝鮮半島に分布する落葉の低木。原野や河原などのやや水分条件が良く、日当たりの良い場所に生育する。高さ数mになることもあるが、半ツル性であり、引っかかる場所がない場所では高さ1m程度である。茎は次第に太くなるが、長い年月にわたって成長し続けることはなく、根本から太くて勢いの良い幹を出し、その後茎はあまり伸びず、細く枝分かれする。
葉は羽状複葉であり、葉の表面は光沢がない。5月に枝先に総状の花序を形成する。花の直径は2cm前後。秋に赤い果実が稔り、民間薬として利用されたり、花材としても使われる。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


河川敷の葦原で鳥見する予定で歩いてると、とても良い香りがしてきます。銘柄は分からないけど、覚えのあるパヒュームコロンの香りです。でもまさか河川敷で香水というのも可笑しな話で、いったいどこから香ってくるのか?

少し離れたところに白花が咲いてましたが距離がありすぎたのでまさかと思いながら移動すると、また香ってきます。やはり少し離れたところに白花が!
花の香りって、風に乗って漂ってくるんですね。じつはノイバラがこれほど良い香りを漂わせるとは知りませんでした。^^;


IMG_3099-tri IMG_3119-tri
2015/05/02 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_7767 IMG_7733-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8

ノイバラの和名は野に生育するイバラであり、名前の通り有棘植物である。調査の際にはこの棘に悩まされる。バラ科植物の中には棘がある種がたくさんあるが、棘の種類には短枝の先端が棘になったものと葉が変形したものがある。ノイバラの棘は根元から取れ、葉が変形した棘であることがわかる。
ノイバラの葉は複葉であり、小さな葉(小葉)が組合わさって1枚の葉を形成している。小葉は2〜4対あるが、3対であることが多い。葉の表面は光沢がなく、無毛であるが、裏面の脈上には目立たない微毛がある。葉の基部には葉柄と合着した托葉がある。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


IMG_7765 IMG_7774
2015/05/11 淀川左岸河川敷 毛馬付近にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8


あれっ、もう、ローズヒップがついてる?
よく見るとバラの果実ではなさそうですが、いったい何かな?

調べてみました。(ninooomatusakuraaiさん、ご教授ありがとうございました。)
バラハタマフシ(薔薇葉玉附子)という虫こぶ(虫癭 / ちゅうえい)だそうです。
バラハタマバチ(薔薇葉玉蜂)という蜂がバラの新芽に産卵して作るらしい。
主にバラの葉の葉脈上に形成される、小さな突起のある球形の虫こぶです。
内部は穴が一つ開き、一匹の幼虫がいます。
京都自然教室 図鑑より引用

ちなみに、バラハタマバチの幼虫に産卵する寄生蜂もいるそうなので、この虫こぶからバラハタマバチが出てくるとは限らないそうです。この虫こぶ、採取して飼育してみればよかったです。次に見つけることがあったら、家に連れて帰ろう!(笑)

しかし、果実のつもりでかじらなくて良かった〜 ^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

syousuke0202 at 00:17コメント(4)トラックバック(0) 

2014年04月29日

Potentilla freyniana
IMG_8485-tri
2014/04/26 生駒山麓ぬかた園地にて Canon IXY DIGITAL L2


科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
属 : キジムシロ属 Potentilla
種 : ミツバツチグリPotentilla freyniana

茎の高さは15-30cmになる。葉は3枚の小葉からなり、小葉の形は長楕円形-卵形で縁には鋸歯があり、葉柄の基部には托葉がつく。花期は4-5月で、花茎に黄色で径10-15mmの花を10数個つける。萼片は5枚で披針形、花弁も5枚で倒卵形になる。果実は痩果となり、褐色がかった白色となる。根茎が太く塊状になる。花後、地上に走出枝を出して伸びる。
日本では、北海道、本州、四国、九州に、アジアでは、朝鮮、中国(北部・東北)、ウスリー、アムールに分布し、日当たりのよい丘陵地、草原などにふつうにみられる。
ウィキペディアより引用


IMG_8484-tri IMG_8491


ヘビイチゴにとてもよく似ているが、ヘビイチゴではなさそう。
何かなこれ?と考えながら調べてるとミツバツチグリがヒットしたが、何処ででも出会えるメジャーな種らしい。
たぶん初見のように思うが、もしかするとヘビイチゴと混同していただけなのかもしれない。

これほど似ているのに、赤い実は付かないそうです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 16:56コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月21日

Chaenomeles sinensis
IMG_5598
2014/04/13 堺筋本町にて CANON EF100 MACRO F2.8


科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : ナシ亜科 Maloideae
属 : ボケ属 Chaenomeles
種 : カリン C. sinensis

カリン(学名:Chaenomeles sinensis)とはバラ科の落葉高木である。その果実はカリン酒などの原料になる。マメ科のカリン(花梨)とは全くの別種である。ボケ属(Chaenomeles)としての表記が多いが,C. K. Schneider はカリン属(Pseudocydonia)として一属一種説を発表している。マルメロ属(Cydonia)の果実も「かりん」と称されることがあるが、正しくはマルメロである。

原産は中国東部で、日本への伝来時期は不明。花期は3月〜5月頃で、5枚の花弁からなる白やピンク色の花を咲かせる。葉は互生し倒卵形ないし楕円状卵形、長さ3〜8cm、先は尖り基部は円く、縁に細鋸歯がある。

未熟な実は表面に褐色の綿状の毛が密生する。成熟した果実は楕円形をしており黄色で大型、トリテルペン化合物による芳しい香りがする。10〜11月に収穫される。実には果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリンなどを含む。適湿地でよく育ち、耐寒性がある。

花・果実とも楽しめ、さらに新緑・紅葉が非常に美しいため家庭果樹として最適である。語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え、裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いとも言われる。
ウィキペディアより引用



IMG_8418 IMG_3481
2014/04/14 新石切駅付近にて        2011/04/09堺筋本町にて


IMG_3451 IMG_3458
2011/04/05 左右共に堺筋本町にて


ウィキペディアには本種とはまったく違うマメ科のカリンを『花梨』と表しているが、多くの情報を見ると本種を『花梨』としている。どちらが正しいのか分からないので調べてみましたがよく分かりません。ただ、本種(バラ科カリン)を『花梨』と漢字表記するのは間違いのようです。花梨はマメ科シタン属インドシタンのことではないか、というのが有力です。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 20:53コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月18日

20110313_01686
2011年3月13日 大阪城公園梅林にて SIGMA 50 DG MACRO EX F2.8


科 : バラ科 Rosaceae
属 : サクラ属 Prunus
種 : ウメ P. mume
品種 : 華農玉蝶(かのうぎょくちょう)

八重咲き開花時期:2月下旬〜3月下旬 色:白 花の大きさ:中

原産地の中国では“華農”とは花実兼用、“玉蝶”とは白花八重の意味があるという。また、この品種は花の中央部に小さな花が咲き、それを「台閣(ダイカク)」と呼ぶ。梅林内でも人気の高い花の一つ。ただし、きれいな台閣はなかなか見られない。
大阪城梅林の花図鑑より引用


IMG_3726
2014年3月3日 大阪城公園梅林にて Canon PowerShot SX50 HS


梅林には毎年来てますが、この華農玉蝶の 『花の中に咲く花』 というものを見たことがなく、どんなものか想像すら出来ませんでした。珍しいとは聞いていたものの、これほど出会いが困難なものとは…

それにようやく出会えたんです。
確かに、これは珍しい!
それほど美しいものではないけど、ただ、ただ、珍しい!


花の中に出来た蕾 (クリックで拡大)
IMG_3341 IMG_3342


この華農玉蝶という品種の木は、大阪城公園の梅林に2本あります。
うわさでは、日本国内に5本しかないとのことです。
(関東に2本そして福岡太宰府に1本が育っているそうです。)
真否のほどは分かりませんが、どうもそれほど珍しい品種であることは間違いなさそうです。そしてその 『台閣』(花の中に咲く花)に出会えるのはさらに珍しい!


IMG_3719
2014年3月3日 Canon PowerShot SX50 HS にて


梅林に来る野鳥を撮るつもりだったので超望遠ズームのコンデジしかもって来てませんでした。翌日マクロレンズ持参できた時にはもうすでに見ることはできませんでした。

ほんまに貴重なものだったようです。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 00:47コメント(5)トラックバック(0) 

2013年03月11日

Prunus cerasifera var. atropurpurea
ベニスモモ(紅李)
2013年03月11日 大阪城公園にて


バラ科
サクラ属
ベニスモモ
別名:紅葉李(ベニバスモモ)、赤葉桜(アカバザクラ)


ミロバランスモモ(Mirobalan plum, Cherry plum)と野生の「スモモ」との交雑種と言われています。高さは7〜8メートルほどの落葉小高木。葉は芽吹きのときから赤色で、秋には濃い赤紫色になります。

花は「山桜」によく似ていますが、花期は「山桜」よりかなり早く、3月上旬頃から咲き出します。花の中心部分はピンク色です。

果実は7月から8月に熟して、かなり酸味が強いが食用になるそうです。


ベニスモモ(紅李) ベニスモモ(紅李)左右共に、2009年03月08日 大阪城公園にて


大阪城公園は年中歩いているので植物の分布はよく知ってるつもりなんですが、このベニスモモの植えられてるところはあまり行くことがなく、毎年花期を逃してしまいます。今年もまだ早いかと思いながら見に行ってみたのですが、うまく咲き始めに出会うことができました。見ごろはもう少し先です。


<ベニバスモモ 別記事>
2010年04月02日 ベニバスモモ(紅葉李) 


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

syousuke0202 at 22:16コメント(2)トラックバック(0) 

2013年02月26日

Eriobotrya japonica
ビワ(枇杷)
2012年12月15日 本町橋付近にて


バラ科 Rosaceae
ビワ属 Eriobotrya
ビワ E. japonica

葉は互生し、葉柄は短い。葉の形は20cm前後の長楕円形で厚くて堅く、表面が葉脈ごとに波打つ。縁には波状の鋸歯がある。枝葉は春・夏・秋と年に3度伸長する。花芽は主に春枝の先端に着く。花芽は純正花芽。花期は11〜2月、白い地味な花をつける。花弁は5枚。葯には毛が密に生えている。自家受粉が可能で、初夏に卵形をした黄橙色の実をつける。果実は花たくが肥厚した偽果で、全体が薄い産毛に覆われている。長崎県、千葉県、鹿児島県などの温暖な地域での栽培が多いものの若干の耐寒性を持ち、寒冷地でも冬期の最低気温-10℃程度であれば生育・結実可能である。露地成熟は5月〜6月。
ウィキペディアより引用


ビワ(枇杷)
2011年12月07日 東横堀川遊歩道にて


はじめて撮影したのが3年前(2010年12月)に鉢植えのビワに出会ったときでした。
12月に咲いてる花と出会える機会は少ないので目聡く見つけたものの、鉢植えで見かけるのは初めてで、見覚えのある葉なんですが何か分からず、思わずアボガドと勘違いしたのでした。

だれもが知ってる枇杷の果実。しかし、何度見てもこの花は可愛くない。
なんとかコンディションの良いものを可愛く撮りたいと3年間追い続けましたが、もうあきらめました。なんせ、花びらにまで毛が生えているのですから可愛く撮るのは難しすぎます。5枚の白い花弁で数の多い雄しべ、見ようによれば同じバラ科のサクラに似ているようにも思うが…

来シーズンも、頑張って撮り続けてみます。


ビワ(枇杷) ビワ(枇杷)
左右:2013年01月27日 東横堀川遊歩道にて

ビワ(枇杷) ビワ(枇杷)
左右:2012年12月29日 東横堀川遊歩道にて

花を撮っているとツマグロキンバエによく出会います。


<2012年3月3日追記>
ふと思い出したのですが、花弁に毛が生えていても可愛い花はありました。
しかし、この毛にはいったい何の役目があるのでしょう。(・_・?)

アベリア(Abelia)
アベリア


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 23:32コメント(13)トラックバック(0) 

2012年04月19日

Prunus lannesiana ‘Grandiflora’
ウコン(鬱金)
2012/04/18 造幣局にて


ウコン(鬱金)

科 : バラ科 Rosaceae
属 : サクラ属 Prunus
種 : サトザクラ P. lannesiana
品種 : ウコン Prunus lannesiana ‘Grandiflora’

ウコン(鬱金)は、サクラの栽培品種である。開花時期はソメイヨシノより遅めの4月中旬頃(東京)。

花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である。数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。花弁数が15〜20枚程度の大輪の八重咲きである。また、ギョイコウのように花弁は厚くなく、気孔もない。

名前は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来し、それらと混同されないよう「鬱金桜」あるいは「鬱金の桜」と呼ばれることもある。また、別名として「黄桜」「浅葱桜(浅黄桜)」などがあるが、これらの別称はギョイコウを指すこともあり、また、ウコンやギョイコウとは別の一品種とされることもある[要出典]。ウコンの花は日本国外でも人気が高い。
ウィキペディアより引用

初めてこのウコンと出会ったときは衝撃的で、毎日会いに行きました。^^
なんせ、黄色っぽい薄緑色の桜なんてほんまに驚きました。
咲いてから盛りが過ぎた頃から花弁の脈付近をピンクに染めます。
それがまた可愛い!

_MG_3760



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 12:53コメント(0)トラックバック(0) 
Prunus lannesiana ‘Beni-yutaka’
ベニユタカ(紅豊)
2012/04/18 造幣局にて


ベニユタカ(紅豊)

科 : バラ科 Rosaceae
属 : サクラ属 Prunus
種 : サトザクラ P. lannesiana
品種 : ベニユタカ Prunus lannesiana ‘Beni-yutaka’

浅利政俊作出。1961年に松前公園に多数植栽されている松前早咲(別名 血脈桜)に龍雲院紅八重を交配、選抜した品種です。紅色豊かな重弁の桜となったことから命名されました。
桜図鑑より引用


ベニユタカは、造幣局内の数ある桜(130種)の中でも早咲きなので通り抜け期間の後半に行くといつも花期が終わりかけています。花の盛りが過ぎるに連れて色濃く紅色になっていくのでそれはそれで気に入ってるのですが、萎みかける前の花を撮りたかったので今回は開催2日目に出向いてみました。おかげで良いコンディションのものに出会えました。^^

紅色がとても艶っぽくて良い。(*^_^*)


ベニユタカ(紅豊) ベニユタカ(紅豊)



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 12:42コメント(0)トラックバック(0) 
Prunus lannesiana ‘Gioiko’
_MG_3697
2012/04/18 造幣局にて


ギョイコウ(御衣黄)

科 : バラ科 Rosaceae
属 : サクラ属 Prunus
種 : サトザクラ P. lannesiana
品種 : ギョイコウ Prunus lannesiana ‘Gioiko’

ギョイコウ(御衣黄)は、サクラの栽培品種である。花期はソメイヨシノより遅く、京都市や石川県白山市では4月の下旬頃。

花の大きさは、京都市や結城市で直径2から2.5センチメートル、北海道松前町で4から4.5センチメートルなど、場所によって異なる[2][3]。花弁数は10から15程度[1][4]の八重咲きで、花弁は肉厚で外側に反り返る。色は白色から淡緑色である。中心部に紅色の条線があり、開花時には目立たないが、次第に中心部から赤みが増してきて(紅変)、散る頃にはかなり赤くなる。場所や時期によって、花の大きさや色合いなどに大きな差がある。

花の緑色は葉緑体によるもので、同じく葉緑体をもつウコン(鬱金)も若干緑色がかかるのだが、その量が少ないためにもっと薄い淡黄色である。また濃緑色の部分の裏側には、ウコンの花にはない気孔も存在する。ギョイコウは、黄色・緑色の花を咲かせるサクラとしてウコンとともに古くから知られていた。その2品種の他にも、1990年代以降スマウラフゲンゾウ(須磨浦普賢象)、ソノサトキザクラ(園里黄桜)、ソノサトリョクリュウ(園里緑龍)の3品種が発見されている。
ウィキペディアより引用


ギョイコウ(御衣黄) ギョイコウ(御衣黄)
ほかの桜のピンク色に比べて淡緑色は目立ちます。^^


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 12:04コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月30日

Spiraea Japonica
シモツケ(下野)
2010年10月23日 大阪城公園にて


バラ科 Rosaceae
シモツケ亜科 Spiraeoideae
シモツケ属 Spiraea
シモツケ Spiraea Japonica


期待通り、秋にも咲いてくれました。^^
写真を撮り始めたころに覚えた花たちはいつも気になって追っかけてしまいます。
好みやから、すんなりと記憶できたのかも知れない。

真夏を避けて二度咲くのは、きっと真夏の暑さに弱いんですね。
暑かったやろなぁ、今年の夏は・・・ ^^;


シモツケ(下野) シモツケ(下野)
2010年10月21日 大阪城公園にて


マクロ撮影すると、ハゼランに似ているような気がする・・・
全然違う仲間なのにね。^^;



syousuke0202 at 01:32コメント(3)トラックバック(0) 

2010年06月07日

Spiraea Japonica
シモツケ(下野)
2010年06月05日 大阪城公園にて

シモツケ(下野)
2010年06月05日 大阪城公園にて


バラ科 Rosaceae
シモツケ亜科 Spiraeoideae
シモツケ属 Spiraea

開花時期は、6/上〜8/上頃
秋に再び咲くこともある。

北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に自生する。成木の樹高は1mほどであり、初夏に桃色または白色の集合花を咲かせ、秋には紅葉する。古くから庭木として親しまれてきた。

和名は下野国(現在の栃木県)に産したことに由来するという。

同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。 シモツケは富士山にも咲いている。

寒さに強く、日当たりを好む。

耐寒性:強い 耐暑性:普通

栽培難易度:育てやすい
ウィキペディア(Wikipedia)より引用



シモツケ(下野) シモツケ(下野)
2010年06月04日 大阪城公園にて


去年同じ場所で撮ったとき、暫くのあいだ名前が分からず困ったのを思い出します。
今考えると、とてもメジャーな樹木なのに・・・

でもおかげさまで完全にインプットされています。
咲き出すのを心待ちにしていました♪

しべの長さがとても印象的だったのです。^^

syousuke0202 at 23:54コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月02日

Raphiolepis indica var. umbellata
マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅)
2010年05月17日 大川河川敷銀橋付近にて


バラ科 Rosaceae
シャリンバイ属 Rhaphiolepis
マルバシャリンバイ Raphiolepis indica var. umbellata

常緑低木
山形県〜九州の海岸に自生し、高さ2〜6m。枝は車輪状に出る。葉は枝先に密に互生し、長さ4〜8cmの倒卵形でふちに浅い鋸歯がある。質は厚く、表面に光沢がある。枝先に円錐花序をだし、白色の5弁花をつける。果実は球形で黒紫色に熟し、白粉をかぶる。花期は4〜5月。
先端が丸く鋸歯の少ないものをマルバシャリンバイ、先端が尖るものをシャリンバイとして区別することがある。
「花図鑑 サイクリング日記」より引用


マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅) マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅)


乾燥や大気汚染など厳しい環境でも生育可能なようで、道路脇の分離帯などに植栽されたりしているがあまり手入れもされず可哀そうな扱いを受けています。やはりかよわい方が得なのかもしれない。^^;



syousuke0202 at 01:17コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月11日

Rubus hirsutus 
クサイチゴ(草苺)
2010年04月25日 交野くろんど園地にて

クサイチゴ(草苺) クサイチゴ(草苺)
左:蕾  右:棘(けっこう痛いです!)


バラ科 Rosaceae
バラ亜科 Rosoideae
キイチゴ属 Rubus
クサイチゴ Rubus hirsutus

クサイチゴは背丈が20-60cmと低く草本のように見えるためこのように呼ばれるが、実際は、木本である。葉は奇数羽状複葉で、花枝には3子葉、徒長枝には5子葉がつく。頂子葉は卵形または長楕円状卵形、側小葉は卵形、先はとがり縁には細かい重鋸歯がある。全体に短い軟毛が密生し、茎には小さい刺がある。

花期は3-4月。花は白色で5弁花、花弁は卵円形で長さは15-20mm。花の中央に雌蕊が多数ありその周囲にやはり多数の雄蘂を持つ。果実は大型で赤熟し、食用となり、甘酸っぱい味がする。生命力は強く、刈っても、根から生えてくる。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


クサイチゴ(草苺)


あちこちの里山で見かけます。
多分、もっともポピュラーな木苺でしょう。
入梅前に木苺狩りに行かなければ〜☆

果実の撮影を兼ねて!^^

syousuke0202 at 16:21コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月07日

Spiraea cantoniensis Lour.
コデマリ(小手毬)
2010年05月02日 大阪城公園にて


バラ科 Rosaceae
シモツケ亜科 Spiraeoideae
シモツケ属 Spiraea
コデマリ S. cantoniensis

別名、スズカケ。中国(中南部)原産で、日本では帰化植物。

落葉低木で、高さは1.5mになる。枝は細く、先は枝垂れる。葉は互生し、葉先は鋭頭で、形はひし状狭卵形になる。春に白の小花を集団で咲かせる。この集団は小さな手毬のように見え、これが名前の由来となっている。日本では、よく庭木として植えられている。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


コデマリ(小手毬) コデマリ(小手毬)
2010年04月21日 大阪城公園にて


ユキヤナギが春の訪れを感じさせてくれて、このコデマリが春の盛りを実感させてくれます。^^


syousuke0202 at 00:33コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月03日

Rosa banksiae
モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)
2010年04月29日 毛馬閘門にて

香りは感じられませんが、見た目はとても贅沢です。
本当にたくさんの花がつきます♪

モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)
2010年04月29日 毛馬閘門にて

バラ科 Rosaceae
バラ属 Rosa
モッコウバラ R. banksiae

中国原産のバラ。黄モッコウ(ロサ・バンクシア・ルテア)は秋篠宮家第一女子・眞子内親王のお印である。

常緑つる性低木。枝には棘がないため扱いやすい。花は白か淡い黄色で、それぞれ一重咲と八重咲があり、直径2-3cmの小さな花を咲かせる。開花期は初夏で一期性。黄花の一重や白花には芳香はある。一般的にモッコウバラといった場合には、黄色の八重咲を指す。
また、白花は黄花より開花が若干遅く、芳香性を持ってはいるが黄花ほど多花性は無い、成長も黄花に比べるとやや遅い。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)
2010年04月30日 高麗橋付近にて

前を通るととても良い香りにつつまれます。
白花から漂う芳香はとてもリッチな気分です♪

syousuke0202 at 02:05コメント(0)トラックバック(0) 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: