ナヨクサフジ

2015年05月11日

Vicia villosa subsp. Varia
IMG_3389-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷毛馬にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_7713-tri
2015/05/11 淀川左岸河川敷毛馬にて EOS kissDigital x5 & EF100 MACRO F2.8


マメ目 Fabales
マメ科 Fabaceae
ソラマメ属 Vicia
ナヨクサフジ Vicia villosa subsp. Varia

つる性1年草
ヨーロッパ原産で飼料や緑肥として栽培されている。1943年に天草島での帰化が報告され、現在では本州〜沖縄県にかけて道ばたや河川敷に見られる。全体無毛または伏した毛が散生する。茎はよく分岐して他物にまとわりついて広がり、長さ2mほどになる。葉は、狭楕円形の小葉が10対ほどつく羽状複葉で、頂片は巻きひげとなる。基部にはやや不規則な形状をした托葉があって互生する。葉腋に花序を立て、長さ1.5cmほどの紫色の蝶形花を1方向に穂状につける。萼筒はほぼ無毛で柄が下側につく。花期は春から夏。(日本帰化植物写真図鑑)
旗弁の爪部(筒状部)が長く、旗弁の舷部(そり返った部分)のほぼ2倍の長さがある。
松江の花図鑑より引用


IMG_7694 IMG_7696
花の筒部は、旗弁の舷部(左右にそりかえった部分)より長い

IMG_7727 IMG_7730
複葉は、小葉が細く10-24枚

IMG_2464-tri IMG_7727-tri
托葉はミトンのように不規則に裂けるものが多い

在来種のクサフジにかわって増えている帰化植物で、クサフジの仲間によく似ています。花の筒部が長いのは、在来種にはない特徴らしく、ナヨクサフジを同定するポイントとして有力なようです。

日当たりの良い草地には普通に見られるそうですが、いつものトレッキングコース(生駒山など)では全く見かけることはありません。やはり、河川敷と里山では植生がまったく違いますね。当然の事ですが、植生が変わればそこで見られる野鳥も違ってきます。そういう目で観察すると、淀川河川敷も楽しいコースです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 17:00コメント(5)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: