イワガラミ

2015年05月24日

Schizophragma hydrangeoides
IMG_3907
2015/05/23 大阪城公園 アジサイ・ウツギ園にて Canon PowerShot SX50 HS


アジサイ科 Hydrangeaceae
イワガラミ属 Schizophragma
イワガラミ S. hydrangeoides

落葉つる性木本。
名前のとおり、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、絡みながら這い登り、高さ10〜15mくらいになる。山地の道路法面を上から這い下がる場合もある。葉には葉柄があり、枝に対生し、形は広卵形で10cmほどで、葉の先端は尖り縁の鋸歯はまばらになる。花期は6月〜7月で、小さなややクリーム色の両性花が集まる花序のまわりに、白色の装飾花が縁どる。装飾花は花弁状の萼片が1枚しかない。
遠目からよく似るツルアジサイは、装飾花の萼片が4枚で葉の鋸歯が細かい。
ウィキペディアより引用


IMG_3905 IMG_3919
2015/05/23 大阪城公園 アジサイ・ウツギ園にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_6179 IMG_6136
2014/06/07 大阪城公園 アジサイ・ウツギ園にて EF100 MACRO F2.8


両性花のつぼみは5枚(多いのも存在する)の花弁が合わさって帽子のようになっている。花弁はたがいに癒着していて、つぼみの中の長い花糸を持つおしべ(二つ折れになってる様子)が押し退けるように花弁を開かないまま脱落させる。装飾花は疎らなわりに両性花の数は多く、満開になると長いおしべがひしめき合ってごちゃごちゃしてあまり美しくない。両性花が咲ききるまでが見ごろのように思う。

この固体は、竹を格子状に組んだものに絡ませるように植えられており、絡んでる部分を観察してみたが気根が伸びて付着している様子は見られなかった。自然の岩肌や木肌でないと気根が伸びないものと思われる。山間部などに自生しているものを観察してみたい。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 17:28コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: