アジサイ科

2015年05月24日

Schizophragma hydrangeoides
IMG_3907
2015/05/23 大阪城公園 アジサイ・ウツギ園にて Canon PowerShot SX50 HS


アジサイ科 Hydrangeaceae
イワガラミ属 Schizophragma
イワガラミ S. hydrangeoides

落葉つる性木本。
名前のとおり、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、絡みながら這い登り、高さ10〜15mくらいになる。山地の道路法面を上から這い下がる場合もある。葉には葉柄があり、枝に対生し、形は広卵形で10cmほどで、葉の先端は尖り縁の鋸歯はまばらになる。花期は6月〜7月で、小さなややクリーム色の両性花が集まる花序のまわりに、白色の装飾花が縁どる。装飾花は花弁状の萼片が1枚しかない。
遠目からよく似るツルアジサイは、装飾花の萼片が4枚で葉の鋸歯が細かい。
ウィキペディアより引用


IMG_3905 IMG_3919
2015/05/23 大阪城公園 アジサイ・ウツギ園にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_6179 IMG_6136
2014/06/07 大阪城公園 アジサイ・ウツギ園にて EF100 MACRO F2.8


両性花のつぼみは5枚(多いのも存在する)の花弁が合わさって帽子のようになっている。花弁はたがいに癒着していて、つぼみの中の長い花糸を持つおしべ(二つ折れになってる様子)が押し退けるように花弁を開かないまま脱落させる。装飾花は疎らなわりに両性花の数は多く、満開になると長いおしべがひしめき合ってごちゃごちゃしてあまり美しくない。両性花が咲ききるまでが見ごろのように思う。

この固体は、竹を格子状に組んだものに絡ませるように植えられており、絡んでる部分を観察してみたが気根が伸びて付着している様子は見られなかった。自然の岩肌や木肌でないと気根が伸びないものと思われる。山間部などに自生しているものを観察してみたい。


<2017/06/12>追記
DSC_2833
2017/06/10 大阪城公園にて Nikon1 J3 & NIKKOR 10mm f/2.8

一昨年くらいに植えられたと思われるイワガラミ、立派に絡んで開花してました。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 17:28コメント(2)トラックバック(0) 

2010年07月12日

Hydrangea
アジサイ(紫陽花)
2010年07月10日 辻子谷にて

アジサイ(紫陽花) アジサイ(紫陽花)
左:2010年06月04日 中央区役所にて  右:2010年06月02日 東横堀川遊歩道にて



バラ目 Rosales
アジサイ科 Hydrangeaceae
アジサイ属 Hydrangea

アジサイ科アジサイ属の植物の総称である。学名は「水の容器」という意味で、そのまま「ヒドランジア」あるいは「ハイドランジア」ということもある

いわゆる最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサイであり、日本原産のガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)を改良した品種である。

樹高は1〜2メートル。葉は光沢のある淡緑色で葉脈のはっきりした卵形で、周囲は鋸歯状。6〜7月に紫(赤紫から青紫)の花を咲かせる。一般に花と言われている部分は装飾花で、本来の花は中心部で小さくめだたない。花びらに見えるものは萼(がく)である。セイヨウアジサイではすべてが装飾花に変化している。
ウィキペディアより引用


アジサイ(紫陽花) アジサイ(紫陽花)
左:2010年06月05日 大阪城公園にて 右:2010年06月09日 天満橋付近にて

セイヨウアジサイと八重のガクアジサイ


アジサイ(紫陽花) アジサイ(紫陽花)
左:2010年06月06日 大阪城公園にて 右:2010年06月06日 大阪城公園にて

枯葉のような一枚の装飾花、フリンジのある装飾花


アジサイ(紫陽花)
2010年06月06日 大阪城公園にて 

これは、「すみだの花火」という品種だそうです。^^



syousuke0202 at 23:42コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月19日

Hydrangea quercifolia
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
2010年06月10日 大阪城公園にて

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
2010年06月04日 大阪城公園にて


バラ目 Rosales
アジサイ科 Hydrangeaceae(ユキノシタ科)
アジサイ属 Hydrangea

葉の形がカシワに似ていることが、和名の由来。花は円錐状あるいはピラミッド型に付く独自の形状をしており、5月〜7月に真っ白い花を付ける。八重咲きと一重咲きがある。一般のアジサイとは異なり全体の印象としては木のボリュームに比し、花が少ないのが特徴。葉には切れ込みがあり、秋には紅葉する。

古くから日本にもあったが、最近、一般に出回り始めた。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


ひじょうに特徴的な形をした樹木なので全体像を写真に収めたいのですがとてもむずかしい・・・

それと一重のものに出会うのが今後の課題です。


syousuke0202 at 00:01コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月01日

Deutzia crenata f.plena
サラサウツギ(更紗空木)
2010年05月30日 大阪城公園にて

サラサウツギ(更紗空木)
2010年05月29日 大阪城公園にて

サラサウツギ(更紗空木) サラサウツギ(更紗空木)
2010年05月30日 大阪城公園にて



アジサイ科(旧ユキノシタ科)
ウツギ属

幹が中空になっていることから命名されたアジサイ科(旧ユキノシタ科)ウツギ属の落葉低木です。初夏に、八重咲きで、芳香のある下向きの花を咲かせます。花は、花弁の外側が薄紅紫色で、内側が白色です。
「かぎけん花図鑑」より引用



サラサウツギ(更紗空木) サラサウツギ(更紗空木)
2010年05月30日 大阪城公園にて


左は、ハナムグリ
右は何かなぁ、初めて見る昆虫ですが、何か排泄してる!
まさかアブラムシとアリの共棲みたいに排泄物が甘いとか・・・

植物は素人ですが昆虫はさらにど素人、昆虫図鑑も手に入れないと・・・^^;

<追記、2010/09/23>
右の昆虫はクロウリハムシのようです。



syousuke0202 at 00:25コメント(4)トラックバック(0) 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: