2018年09月22日

チョウゲンボウ(長元坊)

Falco tinnunculus♀
IMG_8480
2018/09/22 大阪城公園 西の一番櫓跡にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_8494


ハヤブサ科 Falconidae
ハヤブサ属 Falco
チョウゲンボウ F. tinnunculus

ハトくらいの大きさで全長 30–40 cm。翼を広げると 65 –80 cm になる。体重は雄が 150 g、雌が 190 g 程度である。雌の方が大型である。羽毛は赤褐色で黒斑がある。雄の頭と尾は青灰色。雌は褐色で翼の先が尖っている。

語源は不明だが、吉田金彦は、蜻蛉(トンボ)の方言の一つである「ゲンザンボー」が由来ではないかと提唱している。チョウゲンボウが滑空している姿は、下から見るとトンボが飛んでいる姿を彷彿とさせることがあると言われ、それゆえ、「鳥ゲンザンボー」と呼ばれるようになり、いつしかそれが「チョウゲンボウ」という呼称になったと考えられている。

ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する。寒冷地で繁殖した個体は、冬季に南方へ渡り越冬する。北米には亜種のアメリカチョウゲンボウ American Kestrel 学名:Falco sparverius が広く分布する。小型である。

日本では、夏季に本州の北部から中部で繁殖する。北海道や四国、九州でも夏季に観察されたことがあり、繁殖している可能性もある。冬季は繁殖地に残る個体と暖地に移動する個体に分かれる。また、日本全国各地に冬鳥として渡来する
ウィキペディアより引用


今日の大阪城公園はバーダーが少なかった。やはり野鳥があまり出ないときはバーダーも長居せずに帰るようです。おまけに飛騨の森あたりは先日の台風21号の暴風雨による倒木の整備のため立ち入り禁止になっていました。知らずに入って鳥見してると公園管理の方に出て行くよう注意を受けてしまいました。せっかくキビタキ♂を追いかけていたのに、でも仕方ありません。(^^;)

で、あきらめて帰る途中、修道館前あたりで数人のカメラマンが 『西の一番櫓跡』 方面を見上げているので便乗したところ、チョウゲンボウに出会えた。すぐに飛び去ってしまったので数枚しか撮れなかったけどとてもラッキーでした。やはり動かないとあきませんね。(^^;)


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



syousuke0202 at 22:43コメント(0)

Share (facebook)  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
プロフィール

syousuke

お気に入りのカメラを連れて、大阪城公園を中心にジョグ&ウォーキングしてます。たまには遠出もします。そして何か目新しいものがある度にパシャ!

記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: