2018年05月15日

キランソウ(金瘡小草)

Ajuga decumbens
IMG_2309
2018/04/21 ぬかた園地にて CANON IXY 3

IMG_2358


シソ科 Lamiaceae
キランソウ亜科 Ajugoideae
キランソウ属 Ajuga
キランソウ A. decumbens

シソ科キランソウ属の多年草。道端などに生える雑草。
根生葉が地面に張り付くように広がることから、ジゴクノカマノフタともいう。

全体に毛が多い。茎は高く伸びず、草全体がロゼット状に地表に張り付いて円盤状の形になる。伸びる茎は斜めに地表をはうが、そこから根を出すことがなく、その先端部はやはりロゼット状に葉を広げ、花をつける。シソ科では珍しく、茎の断面が丸い。
葉は、基部のものでは長さ4-6cm、幅1-2cmで、広倒披針形で、先端側が幅広く、基部は次第に狭くなる。また葉の縁には波状の鋸歯がある。表面は深緑でつやがある。
花は3 - 5月に開花し、腋生で、茎の先端近くの葉の基部から生じる。濃紫色の唇形花で、上下二つに分かれた上唇はごく小さい。下唇は平らに大きく発達して三裂、特に中央の裂片が長くつきだし、先端は切れたようにまっすぐで、中央が切れ込んだようになって浅く二裂する。

開花期の全草は筋骨草(きんこつそう)という生薬である。高血圧、鎮咳、去淡、解熱、健胃、下痢止めなどに効果があるとされるが、民間薬的なものである。別名をジゴクノカマノフタというが、これは「病気を治して地獄の釜にふたをする」ということからである。
ウィキペディアより引用


キランソウの地面に張り付くような生え方、残念です。
せめて花茎がもう少し長ければと思ったりしますが、植物にとっては要らぬおせっかいなのでしょうね。分かってはいるんですが、好みの問題ですね… (^^;)


IMG_2364

IMG_2368


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ





syousuke0202 at 23:29コメント(2)

Share (facebook)  

コメント一覧

1. Posted by yama   2018年05月17日 07:11
syousukeさん、おはようございます。
春先に見つけた毛むくじゃらの葉は、このキランソウに違いないと思ったほど、馴染みの野草になっております。

ですが、syousukeさんの
>>キランソウの地面に張り付くような生え方、残念です。
これに、ニヤニヤ?してウケています(>_<)
私も勿論好みがあり、好き嫌い当然ありますが、そんな発想全然浮かばす、草花の見つめかたにもいろいろあることに、益々面白くなっています!
別名ジゴクノカマノフタ、最初は、ぴんと来なかったのですが、以前真ん丸に地面を覆いつくしたキランソウを見つけて、なるほど!勝手に満足したのでした。それ以来、キランソウの名前を忘れるほど、ジゴクノカマノフタがお気に入りです。でも、今回、『生薬であることから、病気を治して地獄の釜にふたをする』この意味始めて知りました。

好みでない草花も、時が経つと変化したりもあります?これからも、足元の小さな草花アップ、続けてお願いいたします(笑)


2. Posted by syousuke   2018年05月17日 22:41
yamaさん、こんばんは。
だいぶん控えめに表現したつもりだったんですが、うけてしまったと言うことは見え見えやったみたいですね。(汗)
キランソウに罪はないし、ましてや薬草として役立ってる野草を毛嫌いするなんてなんちゅうやっちゃ!と、自分でも酷いやつやと思います。次は、なんとか可愛く撮るように頑張ってみますね。(^^;)


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール

syousuke

お気に入りのカメラを連れて、大阪城公園を中心にジョグ&ウォーキングしてます。何か目新しいものがある度にパシャ!

記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: