2017年05月31日

キバシス・ペルキダ(ブライダル・ベール)

Gibasis pellucida
03IMG_8428
2017/05/27 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7

02IMG_8304
2017/05/21 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7


ツユクサ科Commelinaceae
ギバシス属 Gibasis
キバシス・ペルキダ:Gibasis pellucida
一般名:ブライダルベール
英名:タヒチアンブライダルベール、ドッデッドブライダルベール

ブライダルベールは、吊り鉢仕立てにするとベールのような形に茂り、白色の小花をつける草姿が、花嫁のベールを連想させるので、ブライダルベールと呼ばれています。
ブライダルベールが属するギバシス属は、メキシコを中心に熱帯アメリカに11種が自生しています。ブライダルベール(Gibasis pellucida)は、英名をタヒチアン・ブライダルベールといいますが、タヒチ原産ではなく、メキシコ原産です。
葉は披針形で暗緑色、葉裏は暗赤紫色です。花は白色で、年間を通して開花します。葉に黄色の縦縞が入る園芸品種の‘バリエガタ’(G. pellucida ‘Variegata’)もあります。
「みんなの趣味の園芸」より引用


久しぶりに当たりです。^^
たぶん初めての出会いなんですが、花の咲き方、大きさなどがみごとにストライク!
はまりました〜♪

トキワツユクサに交じって咲いていました。トキワツユクサに比べるととても小さな花ですが、どことなく似ていると感じたのでツユクサの仲間で検索してみましたがヒットしませんでした。ツユクサ科としてはあまりメジャーではなさそうですが、園芸品種(ブライダルベール)としてはメジャーなんですね。どなたかが公園に逃がしたのでしょう。個人的には歓迎です。^^


01IMG_8454
2017/05/27 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7


ブライダルベールはツユクサ科の蔓性多年草で、匍匐性の茎は地を這い横に広がりを見せるか、垂れ下がるようです。葉は濃緑色で表面には光沢を持ち、長さ2.5〜3冂度の卵形。葉の基部は茎を抱え込むようにして茎につき、先端は尖り、茎に互生しています。5〜7月頃、葉腋から長い花柄を二股に枝分かれさせながら先に白色の3弁花をつけます。花は疎らにつくために、空中に白い点々が付いたように見えます。英名ではDotted bridalveilとも呼ばれるのはそのためのようです。花径は6〜7伉度で日中に咲きますが、夕刻前には閉じるようです。

まったく違う植物で花色もまったく違いますが、ハゼラン(三時草)のイメージに似ています。逆にブライダルベールの花が閉じた頃からハゼランの花は開き始めますが、イメージが重なります。



04IMG_8451-tri
2017/05/27 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7

1本のめしべに6本のおしべ、花糸はふわふわの毛に包まれています。ツユクサの仲間には同様の綿毛が見られますが、種によって形が違ってとてもユニークです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 12:56コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: