2016年05月25日

キキョウソウ(桔梗草)

Triodanis perfoliata Nieuwl (Specularia perfoliata)
IMG_7108-tri
2016/05/21 淀川河川敷左岸毛馬にて Canon PowerShot G7


キキョウ科
キキョウソウ属
キキョウソウ

キキョウソウは北アメリカ原産の帰化植物であり、1年草。道ばたや荒れ地などに生育する。
キキョウソウは春から5月頃までは閉鎖花を形成し、6月になると通常の花を形成して小型ではあるが美しい花を咲かせる。まずは閉鎖花で確実に子孫を残しておき、その後ゆっくりと花を開いて遺伝子を交換することになる。このような戦略はスミレと似ているが、順番は全く逆である。花は葉の腋に2〜3つ付く。葉は茎を抱くように離れて付くので、ダンダンギキョウの名もある。
植物生態研究室(波田研)のHPより引用

ヒナキキョウソウによく似ているが、トップにひとつだけ花を付けるヒナキキョウソウと違って、複数の花が下から順次咲き上がって行くので見分けやすい。
茎の中部以上につく葉は長さ約1.5僉惰円形心脚、無柄で、基部は茎を抱くが、茎の下部の葉は、取れやすく見られないことが多く、広披針形〜円形、短い葉柄があり、基部が茎を抱かない。

IMG_7104-tri-2 IMG_7104-tri-1
2016/05/21 淀川河川敷左岸毛馬にて Canon PowerShot G7

花冠は5深裂し、直径1.5〜1.8僂紫色雄しべ5個、花糸は短く、長さ約1弌∵爐論形、長さ約2弌M困靴拈莉呂如雄性期には花柱は棍棒形。花粉が出終わった雌性期に柱頭は3裂する。萼は先が3〜5裂し、先が尖る。




ヒナキキョウソウ / Triodanis biflora (Ruiz et Pav.) Greene
IMG_7216 IMG_7218
2016/05/22 大川左岸天神橋南詰付近にて Canon PowerShot G7

こちらはヒナキキョウソウ、トップ以外は閉鎖花です。


まだ撮影は出来ていませんが、同じキキョウ科の属違いの植物に、ヒナギキョウ(雛桔梗)という種があります。名前がとても似ていて非常に紛らわしいのですが、上述の2種は外来種であるのに対して在来種だということです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ




syousuke0202 at 17:31コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: