2015年10月04日

エゾビタキ(蝦夷鶲)

Muscicapa griseisticta
IMG_5553
2015/10/03 生駒山上駐車場北スカイライン西にて Canon PowerShot SX50 HS

スズメ目 Passeriformes
スズメ亜目 Oscines
ヒタキ科 Muscicapidae
サメビタキ属 Muscicapa

夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャツカ半島南部等で繁殖し、冬季はフィリピン、セレベス島、ニューギニア等へ南下し越冬する。
日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に飛来する。一般的に秋の方が通過数が多く、各地で普通に見られる。

全長約15 cm、翼開長は約26 cm。サメビタキ、コサメビタキよりも一回り大きい。雌雄同色である。背面は灰褐色、腹面は白い体羽で覆われる。腹面には暗褐色の縦縞が明瞭にならぶ。尾は背面よりやや暗色。翼は黒褐色でサメビタキやコサメビタキと比べると長く、翼の端は尾の半分程度まで達する。眼の周囲の羽毛はやや汚れた白色。足は黒褐色。
ウィキペディアより引用

鳴き声: さえずり 地鳴き バードリサーチ鳴き声図鑑 website


ここのところ頻繁に生駒山を歩いている。新石切駅〜山頂〜ぬかた園地〜枚岡方面というルートが定番になってきた。家からのアプローチが楽なのでついつい散歩の延長感覚で行けるのがありがたい。

そしてよく歩いてみて感じるのは、ソウシチョウが多い事!
可愛い鳥なのであまり気にしてなかったが、やはり環境省に指定外来生物とされてるのが分かる気がします。相当な繁殖力で生息地を拡大しているようです。どこを歩いてもさえずりが聞こえ、近づくと地鳴きに変わります。そして側の茂みに潜んでいます。多すぎる。少し複雑な気分です。

その点、今回出会ったエゾビタキのような渡り鳥はふだん見れないだけに出会うととても嬉しい。わたしの様な鳥見初心者にとっては、出会うたびに「はじめまして」と挨拶するのが楽しいのです。今回も双眼鏡で眺めながら、どちらさんやろ?コサメさんに似てるけどちょっと大きいような気もする。サメビタキさんかな?それともエゾビタキさんやろか?撮った写真を自宅で眺めながら名前探しをするのも楽しみの一つなんです。^^


IMG_5587 IMG_5574
2015/10/03 ぬかた園地 ドングリ池東にて Canon PowerShot SX50 HS

お腹の縦列斑がはっきりしていることと、翼の端が尾の半分程度まで達しているところからエゾビタキと判断しましたが、じつは下(ドングリ池)の写真はサメビタキかも?という疑問も少し残っています。野鳥の同定も難しいですね。^^;


里山人雑記 「識別ポイント-エゾビタキ・サメビタキ・コサメビタキ」
上記ブログを参考にさせていただきました。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 20:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: