2015年02月08日

カワラヒワ(河原鶸)

Carduelis sinica
IMG_0538
2015/01/31 豊国神社南側にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_8226
2014/06/01 大阪城公園 飛騨の森にて Canon PowerShot SX50 HS


アトリ科 Fringillidae
ヒワ属 Carduelis
カワラヒワ C. sinica

全長13.5cm。全身黄色味のある褐色で、尾は魚尾型をしています。褐色の鳥に見えますが、飛翔時の翼の黄色帯は鮮やかでよく目立ちます。
「キリコロロ キリキリコロコロ ビィーン」などと聞こえる声でさえずります。食べ物はタデ類、イネ科植物、オオブタクサ、など草の種子が主。雛へは昆虫の幼虫を多く与えていますが、成鳥が好むのは草の種子。
日本では北海道から九州までの低山地・平地で繁殖する他、小笠原諸島にも分布しています。巣は林ばかりではなく、街路樹、庭木などにもよく造られています。
北海道以北で繁殖するものが、関東地方以西には冬鳥として渡来しています。
繁殖後は草地の広い、河原でみられることが多いので、この名があります。
サントリーの愛鳥活動より引用

鳴き声: さえずり 地鳴き サントリーの愛鳥活動 website


IMG_0571-tri IMG_0548-tri
2015/01/31 豊国神社南側にて Canon PowerShot SX50 HS


全国的に身近に見られる留鳥ということなのに2回しか撮影したことがなく、ほとんど見たことがないというのが本音です。冬鳥であるジョウビタキの方が頻繁に見てます。これはきっと出会えてないのではなく、自分に観察眼が無くて見つけることが出来てないだけなのでしょう。たぶん遠目にはスズメと変わらないので見落としてるのだと思います。

しかし、初めて目視したときは驚きました。
遠目にはスズメなのに、まったく違う風貌で、可愛いというよりもミステリアスな感じ!
今後はしばらく意識してカワラヒワを追いかけてみよう。
意識しないといけない鳥が増えてきました。(笑)

ちなみに英名の "Oriental Greenfinch" は、東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味だそうです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



syousuke0202 at 17:40コメント(2)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by emi   2015年02月11日 16:21
うーん
カワラヒワ は哲学者みたいだし、アオジ はお洒落な青年みたいです。アオジの正面写真ほんとに可愛い!
でも、カワラヒワ が気になる!風貌に似合わず鳴き声が綺麗(笑)ごめんよカワラヒワ
耳にしたことがあるように思います、普段何も気にせずやり過ごしているんだなぁ〜
これから鳥の声が聞こえたら、空を見上げるようになるかも


2. Posted by syousuke   2015年02月12日 22:23
emi さん、こんばんは〜
上手い表現ですね、的を射てるなぁって、感心してます。
鳥って声は聞いたことあっても、なかなか姿と結びつかないですよね。最近小鳥たちを追っかけるようになって新たな発見ばかりです。そして動植物をながめていると、とても癒されるんですよね。是非、鳥たちの声を耳にしたら、その姿も探してやってください。^^


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: