2014年10月20日

イシガケチョウ(石崖蝶)

Cyrestis thyodamas
IMG_9354
2014/10/18 生駒縦走路くさか園地付近にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_9348
2014/10/18 生駒縦走路くさか園地付近にて Canon PowerShot SX50 HS


タテハチョウ科 Nymphalidae
イシガケチョウ属 Cyrestis
イシガケチョウ C. thyodamas

イシガケチョウ(石崖蝶・石垣蝶 Cyrestis thyodamas)はチョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。

和名通りの石崖・石垣模様を持ち、ひらひらと紙切れが舞うように飛ぶ。クリやソバなどの花にも来るが、吸水のために濡れた地面に降りる姿がよく観察される。とまるときはほとんど常に翅を開く。 多化性で、成虫は越冬を終えた春から発生を繰り返し、秋遅くまで見られる。食樹はクワ科のイヌビワ・イチジク・オオイタビなど。卵は葉や芽に1つずつ産みつけられる。

温暖化により北上している蝶のひとつでもあり、国内では年々分布域を広げている。確実に土着しているのは紀伊半島以南・四国・九州・南西諸島。渓谷沿いの照葉樹林や疎林に多く、平野部ではほとんどいない。
ウィキペディアより引用


IMG_9345 IMG_9357-tri


この蝶は初めてでした。
ファインダー越しに覗きながら何か違和感を感じていました。
この蝶はセイタカアワダチソウに止まりながら、蛾のように翅を広げたままなのです。しかし、蛾のような色彩ではなく美しい。しかし、ファインダー越しでは分かりにくかったが一般的な蝶のように腹がスマートでない。しかし触覚は蛾のように羽状になっているわけではない。見た目は美しい蝶なのですが、なにやら蛾のような気配も感じたのです。不思議な蝶でした。

じっさい帰ってから調べてみると、今は温暖化の影響で生息域が北上してきているらしいが、本来大阪では見ることの出来なかった蝶らしい。どうりで見たことのない蝶だと思った。珍しい蝶に出会えて嬉しい気持ちと、温暖化が原因という素直に喜べない気持ちで複雑です。これもご時勢なんですね。(-_-;


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ



syousuke0202 at 21:34コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2014年10月24日 00:28
5 syousukeさん、こんばんは^^

こんな珍しい蝶を見せて戴きながら(言葉も無く見惚れていました!)、何も残さないのはバチがあたりそうになって来ました。。
私は、見たことない面白い模様の蝶にもとても感動していますが、同じくsyousukeさんの撮り方にも驚いています!
日向なのに実に見事ですね。
黒と花の黄、そして白い翅が、更にドラマティックな画となり、アップ写真の全部が素敵過ぎます。上手いなぁ〜(*^_^*)
(アサギマダラもね♪)


2. Posted by syousuke   2014年10月26日 00:23
yamaさん、こんばんは。
あはは、なんか嬉しいやら恥ずかしいやら・・・
たまたま背景が日陰で暗かったので潰れてしまったのが幸いしましたが、初めて出会った蝶を撮るのに必死で、難しいことは何も考えずにシャッターを切っています。だからほんまにお恥ずかしい。 ^^;

でも、珍しい蝶に出会えたのはラッキーだったと思っています。
こういうことを経験すると里山ウォーキングは止められませんね。(笑)
もったいないお言葉、ありがとうございます。(〃▽〃)


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: