2014年08月11日

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)

Viola biflora L.
DSC_0982
2014/07/21 涸沢にて Nikon1 J3 & 10mm f/2.8

210956DSC_0985
2014/07/21 涸沢にて Nikon1 J3 & 10mm f/2.8
花色が白飛びしてしまってますが、黄色です。


スミレ科 Violaceae
スミレ属 Viola
キバナノコマノツメ V. biflora

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪、学名:Viola biflora L.)は、スミレ科スミレ属の多年生植物。和名にスミレが付かない、数少ないスミレの種である。和名の由来は、黄色の花で葉の形状が馬の蹄(駒の爪)に似ていることから。

北極を中心とする環状に分布、北半球冷温帯の広範囲に広がる。日本国内では、北海道、本州の中部以北、四国山地、屋久島の亜高山帯から高山帯の湿った草地や沢沿いの林縁などに生育する。高さは5-20 cm程、高山帯では10 cm程のものが多い。花期は6-8月。直径1.5-2 cmの花弁は黄色の花を一つ付ける。唇弁は大きく褐紫色の筋が入り、上弁と側弁がそり返る。花柱はY字形で無毛。葉は2-4 cmの腎円形ないし腎心形で、柔らかく短毛があり光沢が無い。縁は波状の鋸葉である。基準標本はヨーロッパの高山のもの。
ウィキペディアより引用


残雪の残る涸沢で、石積みの隙間に咲いていたスミレ。
花名にスミレの付かないスミレの仲間、キバナノコマノツメ。
日中でもダウンジャケットが必要なくらいの気温でも元気に咲いていました。
当たり前のことですが、これが高山植物なんですね。
ふだん見慣れたスミレの仲間ですが、大阪では見ることの出来ないスミレだと思うとより一層可愛く見えてくるから不思議です。^^


210915DSC_0947
2014/07/21 残雪の残る涸沢(高度薬2300メートル) Nikon1 J3 & 10mm f/2.8


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 23:35コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2014年08月25日 00:12
syousukeさん、こんばんは^^
スミレ科スミレ属なのに、スミレがつかない高山植物のスミレさん、ありがとうございます。
やはり?行ける内に3回くらいは行っておきたいです、高山植物撮りに
syousukeさんの記事を見て、益々そう思ってしまいます。
今年、息子から一泊の写真撮りに行けと言われていたのですが、休みの日程がはっきりせず、断念しました。悔やまれます。

キバナノコマノツメ、現地で見たら、さぞ可愛かったでしょう。葉っぱの形、好みです


2. Posted by syousuke   2014年08月25日 01:19
yamaさん、こんばんは。
行ける内に3回くらい ← この3回という微妙な回数がなんともいえずおかしい。^^
じつは僕も、行ける内にと思ってます。長年、自分自身やその他の問題でアクティブに動けなかったことを考えると、元気なうちにと思ってます。もっとちゃんとお見せできる写真を撮り直したいし、そう考えると僕もあと3回は最低行かないとね。(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: