2013年12月16日

イカダカズラ (筏葛)

Bougainvillea
DSC_2354
2013/12/14 生野区林寺平野川付近にて Nikon1 V1


ナデシコ目
オシロイバナ科
ブーゲンビリア属
ブーゲンビリア

ブーゲンビリア(Bougainvillea) は、日本では5〜10月に咲きますが、南国では一年中咲いているナデシコ目オシロイバナ科ブーゲンビリア属の熱帯性低木です。 花のように見えるのは、実際には、苞(ほうと呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花です。 苞には、葉脈があり、葉の形をしています。 苞は肉厚が薄いので、風に吹かれてヒラヒラと舞います。 苞色には、赤や白、桃、橙、黄色、それらの複色があります。 用途は、ハワイでは、門のアーチや生垣等に使われます。
科学技術研究所(かぎけん) より



DSC_2375 DSC_2361-tri-char


12月の半ばにピンク色に花盛り!
遠目にこの樹木を見つけたときにはとても驚きました。
こんな時期にこんなに見事に咲く花を知らない。
遠目に見た感じでは、ピンクノウゼンカズラが頭に浮かぶが、いくら異常気象といえど夏の花がいまごろ満開なんてありえないし、いったいこの人は誰?

仕事の途中の通りすがりの出会いだったので、翌日現場に出向いてみてようやくブーゲンビリアであることが分かりました。しかし、じつは鉢植えしか見たことがなく、常夏の花とイメージしていただけに、花名にたどり着くには少々時間がかかりました。^^;

でも、ほんとこの出会いには驚きました。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 16:11コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2013年12月16日 22:18
5 syousukeさん、こんばんは^^
復活されてよかったです♪

和名の筏葛も良いですね。検索しないと浮かばない名前でした。はっとしたのは、1枚目のアングルです。
中心部の花と花に見える苞を強調したいばかりに、真上からしか撮って来ませんでした。
ニコちゃんの玉ボケも横アングルも新鮮です♪
それにしても、12月半ばの出会い、きっと忘れないでしょうね


2. Posted by syousuke   2013年12月16日 22:40
yamaさん、こんばんは〜
ありがとうございます。
めったに無いことに、久しぶりに寝込んでしまいました。^^;
棚仕立てになっていたので仕方なく見上げるかたちでのアングルでしたが、結果オーライだったようですね。新鮮に感じていただけて良かったです♪
この出会いは僕にとってはかなり衝撃的でした。
確かに、忘れる事のない出会いになりそうです。
おかげで、カメラは手放せませんね。^^


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: