2013年09月05日

ツノナス(角茄子)

Solanum mammosum
IMG_7680
2013/09/05 本町通にて Canon IXY DIGITAL L2


ナス科 Solanaceae
ナス属 Solanum
ツノナス S. mammosum

ブラジル原産のナス科の独特な形の果実を実らす植物である。一年生植物との表記が多いが日本などの高緯度の国々でのことであり、原産地の低緯度地域では実際は冬を越す。

葉は心臓形で花は星形。果実は黄色の卵形に角状の突起がある。開花時期は夏季。主に観賞用として栽培されている。他のナス科の植物と同様に毒性がある。

主に観賞用として栽培されている。稀に洗剤としても利用される。中国では、黄金色は縁起が良いため、黄金色をしている果実の本種が正月飾りとして用いられる。

果実の形に由来して様々な愛称がある。 果実がキツネの顔に似ていることからフォックスフェイスやキツネナス(狐茄子)とよばれる。 また、カナリアがとまっているように見えることからカナリアナス(金糸雀茄子)とも呼ばれる。 英語では果実の形から、nipplefruit(乳首状の果実)やApple of Sodom(ソドムのリンゴ)などと呼ばれる。
ウィキペディアより引用


仕事帰りにいつも通るビルの玄関口に置かれた鉢植えです。
いつも珍しい植物に出会えるので結構楽しみにしていましたが、これには驚きました。
葉がまったくないのに、ぎっしり果実が付いている。
それに、なんと奇妙な形なんでしょう。
作り物かと思うほど、植物らしくない風貌に驚きましたが、触ってみると紛れもなく生きてる植物です。レモンのような色サイズながら感触は軽くて張りはあるが柔らかい。

はじめて見るこの植物、葉も花もないので何の仲間か見当もつかなかったので、写真つきでtwitterでつぶやいてみたら、すぐに友達が 『フォックスフェイス』と教えてくれました。知ってる人は知ってるんですね。当たり前のことながら、不思議です。^^;


IMG_7685


改めてよく観察してみると、ナス科といわれるとなるほどと思えます。^^


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 23:47コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: