2013年05月14日

トゲミノキツネノボタン(刺実の狐の牡丹)

Ranunculus muricatus L
IMG_6716
2013_05_01 都島区中野町にて(某所花壇下草)


キンポウゲ科
キンポウゲ属
トゲミノキツネノボタン

昭和以降に帰化したヨーロッパ・西アジア原産の越年草。
都市近郊の畑地や畦、道端などのやや湿った場所に生える。西日本に多い。
茎は下部から分枝して斜上し、高さ15〜40cm、茎にはごくまばらに毛が生える。
葉には長い柄があり、葉鞘には毛を散生する。
葉身は3中裂し、無ぞろいな粗い鋸歯があり、長さ1.5〜6cmで、少し粗い毛が生える。基部は心形または切形。
花は萼片5、花弁5、雄蕊多数、雌蕊多数からなる。萼片は卵状披針形、長さ6.5〜7mmで、反り返る。
花弁は明るい黄色、狭倒卵形で、長さ6.5〜8mm、基部は狭まり蜜腺がある。
果実は痩果多数からなる球形の集合果。
痩果は卵形、花柱を含め長さ5〜6mm、扁平で縁取りがあり、両面に先端がやや曲がった柔らかい棘が多数ある。

近似種:キツネノボタン、ケキツネノボタン、オトコゼリ、ウマノアシガタ、タガラシ

■分布:本州、九州
■生育環境:畑地や畦、道端などのやや湿った場所。
■花期:4〜5月
西宮の湿生・水生植物のサイト』より引用


IMG_6690 IMG_6692
花弁は鮮やかなレモンイエローで光沢があり、花弁基部より下部にかけて蜜がにじんでいる。

IMG_6693 IMG_6697
多数ある雌蕊がそのまま果実(棘実)になっていく様子


プランターに雑草として発生していました。
草丈は5〜15cmくらいなので、うっかり見過ごしてしまいそうなサイズでしたが、花径15mmくらいの光沢のある黄色の花の存在感はとても大きかったです。

同属のヒキノカサ(蛙の傘)がとてもよく似ていましたが、果実の棘が決め手になりました。^^


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 23:14コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2013年05月16日 06:35
おはようございます。
キンポウゲ科の光沢ある黄色い花、とっても気になっている花たちです。
しかし、『トゲミノキツネノボタン』は始めて耳にする花名です。
実は、田舎で似た花を毎回見かけます。撮っては悩んでしまいます。似た花の区別がややこしくて、すっかりお手上げ状態です。
トゲミノキツネノボタン〜〜雌蕊がそのまま果実(棘実)になっていく〜〜会ってみたいお花がまた増えました(*^_^*)
私にとっては珍しいお花、ありがとうございました♪


2. Posted by syousuke   2013年05月16日 23:37
yamaさん、こんばんは〜
キツネノボタンにはよく似た種が多いみたいですね。
今回はたまたま開花に混じって果実も撮れたのでトゲミノキツネノボタンが浮上しましたが、花だけでは分からなかったと思います。(専門サイトでアドバイスを頂かなければお蔵入りでした)^^;
いつも思うのですが、萼やしべ、葉や茎の形状、毛の有無、等々を撮っておけばよかったと後悔ばかり…
今回はしませんでしたが、構図を考えたり、背景を考えたりすると、他の事が全て頭の中から飛んでしまって、何回後悔しても後の祭りばかりです。^^;


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: