2013年05月12日

マメカミツレ(豆加密列)

Cotula australis (Sieber ex Spreng.) Hook.f.
IMG_6734
2013_05_03 天神橋付近道路端にて

IMG_6644 IMG_6740-tri
左:2013_04_21 撮影               右:2013_05_03 撮影


キク科
マメカミツレ属
マメカミツレ(豆加密列)

花期:通年
草丈:5〜20cm
道端などあちこちで見かける1年草(越年する事もある)で、オーストラリア、ニュージーランド原産の帰化植物

和名の由来はカモミール(カミツレ)に似ていることからとのこと。
茎は基部から多数分岐し、全体に白色の毛があり匍匐し、2回羽状深裂する楕円形の葉が互生。長さ5〜10僂諒舛寮茲法直径約5个領仗Г瞭花をつける。中心部に緑黄色〜黄白色の両性の筒状花が多数並び、花の周辺は雌しべのみの雌性花が並ぶ。花の周辺に舌状花がないので開花しても蕾のように見える。成熟したものは茶色くなる。果実はそう果で、周囲に並ぶ雌性花の翼のあるものと中心部にある両性花の翼のない楕円形のものの2種類があり、翼のある果実が先に落ちる。


IMG_6656-tri IMG_6735
左:2013_04_21 撮影               右:2013_05_03 撮影


全草緑色で、近寄ってみなければ花が付いているのも見落としてしまうが、これでも間違いなく菊の仲間のようですね。舌状花が無いので蕾のように見えるが、ヒマワリなどと構造は変わらない頭状花序を付けていました。(舌状花はないけど…)


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 09:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: