2013年03月17日

ジンチョウゲ(沈丁花)

Daphne odora Thunb.
ジンチョウゲ(沈丁花)2013年03月16日 大阪城公園にて



ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
ジンチョウゲ属 Daphne
ジンチョウゲ D. odora

ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。チンチョウゲとも言われる。漢名:瑞香、別名:輪丁花。 原産地は中国南部で、日本では室町時代頃にはすでに栽培されていたとされる。日本にある木は、ほとんどが雄株で雌株はほとんど見られない。挿し木で増やす。赤く丸い果実をつけるが、有毒である。花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われる。

2月末ないし3月に花を咲かせることから、春の季語としてよく歌われる。つぼみは濃紅色であるが、開いた花は淡紅色でおしべは黄色、強い芳香を放つ。枝の先に20ほどの小さな花が手毬状に固まってつく。花を囲むように葉が放射状につく。葉は月桂樹の葉に似ている。
ウィキペディアより引用


視界に入っていない時でも、強い香りで存在をアピールしてくれるので、芳香の漂ってくる方向に進むと沈丁花が咲いています。本当にいい香りです。

秋のキンモクセイと春のジンチョウゲ、半年ごとに楽しんでいます。^^


他にも、ジンチョウゲの主な品種には、葉の縁に黄白色の斑が入る
フクリンジンチョウゲ / Daphne odora f. marginata

まだ出会ったことはありませんが、花は外側も白色の
シロバナジンチョウゲ / Daphne odora f. alba

などがあります。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 10:07コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook) 3月の撮影  | 9月の撮影 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: