2013年03月04日

バイカオウレン(梅花黄蓮)

Coptis quinquefolia
バイカオウレン(梅花黄蓮) Trimming
2013年02月24日 六甲高山植物園にて

バイカオウレン(梅花黄蓮) バイカオウレン(梅花黄蓮)


キンポウゲ科
オウレン属
バイカオウレン
別名:ゴカヨウオウレン
原産地:日本(本州の福島より西 四国)
草丈:5cm〜10cm
主な開花期:3月-4月


深山の渓谷沿いや針葉樹の下など比較的湿潤な場所に自生する多年草で、本州の福島より南、四国に分布し、ときには群落をつくります。糸状の地下茎が地中を這い四方に広がってそこから葉を出します。葉は一本の軸に5つの小さな葉が手を広げたように付きます。
葉の姿がウコギ(五加木)に似ているのでゴカヨウオウレン(五加葉黄連)の別名があります。属名のコプティスはギリシア語のコプト(kopto:切り離す)に由来し、葉が深く切れ込む姿にちなみます。

3月〜4月にかけて新しい葉が出るのに先駆けて、花茎を伸ばしてその先端に1輪づつ白い花を咲かせます。白い花びらの部分は萼が変化したもので、本当の花びらは中心に近いところにある黄色いスプーン状の部分です。花の形がウメの花に似ているオウレンの仲間なので、梅花オウレンの名前があります。
『ヤサシイエンゲイ』より引用



バイカオウレン(梅花黄蓮)
2013年02月24日 六甲高山植物園にて


六甲高山植物園
六甲山頂近く、海抜865mにある植物園。北海道南部と同じくらいという恵まれた気候を生かし、高山植物を中心に世界の寒冷地植物、六甲山自生植物など、1500種を栽培しているそうです。この日は冬季休園中の特別開園でした。

この日は六甲といえど、アイゼンを装備しないと登れないほどの積雪がありましたが、ケーブルカーが運行されてるので軽装備でも植物園までは行けました。

お昼ぐらいから晴れだしたので、しばらく待つと雪の下からバイカオウレンが顔を出してくれました。初めてのご対面です。^^

この植物園、3月20日がオープンなのでぜひまた行ってみたいと思います。
次回は、ケーブルを使わずに!


<2015/03/09 追記>
IMG_1271 IMG_1278
2015_02_28 六甲高山植物園 特別開園にて Canon PowerShot SX50 HS


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 23:42コメント(7)トラックバック(0)

Share (facebook) 2月の撮影  | 10月の撮影 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2013年03月05日 06:36
おはようございます♪
体力が落ちているのと、貧乏暇なし?の為か?少々へタレ気味です^_^;
そんな朝に、また「バイカオウレン」の可憐な花を見つめたら、パワーが出て来ました!
実際にはあったことないのに出会っているような気分です^^
深く切れ込んだ葉や花茎を伸ばしてその先端に1輪〜の画が頭に入りました(*^_^*)
海抜865mの植物園に驚いてもいます。また行って見せてくださいね(^^)v
(アベリアの毛・・・何ででしょう?探しきれません・・


2. Posted by emi   2013年03月05日 08:20
雪の中から顔を出して咲く映像に、きゅーん となってしまいました。本物は、見た記憶が無いですが、説明文に出てくる ウコギは、お馴染みの顔です
家の垣根になってて、新芽を食べるんです
天ぷらや、切り合え 懐かしなぁ


3. Posted by syousuke   2013年03月05日 21:29
yamaさん、こんばんは〜
いつもコメントをありがとうございます。^^
お疲れなのに、無理しないでくださいね。
僕みたいに、いい加減で、てきとうな仕事量でもすぐに夕寝してしまいます。今も寝起き…(汗)
植物園での写真、今思えばもっと時間をかけて、たくさん撮るべきやったと後悔してます。寒さと、他のカメラマンとの競り合いに負けてしまいました。根性が足りてませんね。アハハ、^^;
次回は気合入れますね。(笑)


4. Posted by syousuke   2013年03月05日 21:46
emi さん、こんばんは〜
雪解けを待った甲斐があって、健気にも雪ノ下で頑張ってた彼女が顔を出してくれた時は、ほんとうに嬉しかったです。些細な出来事なんですが、大作のドラマのように感じました。そんな感動を分かち合えて嬉しいです。^^

ところで、ウコギって垣根として植えるんですね、知らなかった。薬用、食用を兼ねた垣根って素晴らしいなぁ。そう言えば、ウコギ科のタラノキ、コシアブラ、ヤマウド、これらは山菜としては絶品ですもんね。^^


5. Posted by emi   2013年03月07日 11:26
タラノキってウコギ科何ですか!?へー(゚д゚)
天然のタラの芽 美味しいですよねー

ウコギを垣根にするのは、だいぶ前から行なわれていたようです。棘のある木なので、防犯にもなり、食用にもなるから
実家の方は、上杉鷹山が推奨したそうです。昔は どこの家もそうでしたが、今は見なくなりましたねー
うちは、少しとってあります
子供の時は、嫌々食べてたのに大人になると、懐かしく無性に食べたくなるもの無いですか?


6. Posted by emi   2013年03月07日 11:59
追伸です
何度もすみません。ピクスをクリックすると写真がたくさん見れるの今発見しました(ーー;)
PCは、イマイチどころか、ニ、サンです

今まさに咲こうとしてるのと、雪の中から ぽん と頭を出したのが、すごーく好きです
小さい花なのでしょうが、とても 凛とした子ですよね。そして、愛らしい
大和撫子 かく有りたい
|゚Д゚))) おっさん発言になってしまった


7. Posted by syousuke   2013年03月07日 21:00
emi さん、こんばんは〜
ウコギは食したことがないのですが、タラの芽やウドはよく山菜狩りに行ってたので馴染みなんです。でもウコギ科であることを知ったのはずっと後なんですよ。^^;
以前は、ワンカップと粉と油を持参して、山中でてんぷらを揚げてよく宴会をしてました。ご存知のように今は飲まないですけどね。(笑)
emiさんのご説明で、米沢藩のこと勉強になりました。おかげでウコギ科に対してよりいっそう愛着がわいてきましたよ。^^

ちなみに、子供の頃は嫌々で今大好きなものは、『おでんの大根』です。子供の頃、鼻をつまんで食べて、おやじにどつかれた記憶があります。今では大好きなのに不思議でなりません。(爆)

pics は、このブログ用の写真置場として使ってます。pics にもご訪問いただきましてありがとうございました。大和撫子、かくかってほしい。本家オサーンもそう思います。(笑)


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: