2013年02月26日

ビワ(枇杷)

Eriobotrya japonica
ビワ(枇杷)
2012年12月15日 本町橋付近にて


バラ科 Rosaceae
ビワ属 Eriobotrya
ビワ E. japonica

葉は互生し、葉柄は短い。葉の形は20cm前後の長楕円形で厚くて堅く、表面が葉脈ごとに波打つ。縁には波状の鋸歯がある。枝葉は春・夏・秋と年に3度伸長する。花芽は主に春枝の先端に着く。花芽は純正花芽。花期は11〜2月、白い地味な花をつける。花弁は5枚。葯には毛が密に生えている。自家受粉が可能で、初夏に卵形をした黄橙色の実をつける。果実は花たくが肥厚した偽果で、全体が薄い産毛に覆われている。長崎県、千葉県、鹿児島県などの温暖な地域での栽培が多いものの若干の耐寒性を持ち、寒冷地でも冬期の最低気温-10℃程度であれば生育・結実可能である。露地成熟は5月〜6月。
ウィキペディアより引用


ビワ(枇杷)
2011年12月07日 東横堀川遊歩道にて


はじめて撮影したのが3年前(2010年12月)に鉢植えのビワに出会ったときでした。
12月に咲いてる花と出会える機会は少ないので目聡く見つけたものの、鉢植えで見かけるのは初めてで、見覚えのある葉なんですが何か分からず、思わずアボガドと勘違いしたのでした。

だれもが知ってる枇杷の果実。しかし、何度見てもこの花は可愛くない。
なんとかコンディションの良いものを可愛く撮りたいと3年間追い続けましたが、もうあきらめました。なんせ、花びらにまで毛が生えているのですから可愛く撮るのは難しすぎます。5枚の白い花弁で数の多い雄しべ、見ようによれば同じバラ科のサクラに似ているようにも思うが…

来シーズンも、頑張って撮り続けてみます。


ビワ(枇杷) ビワ(枇杷)
左右:2013年01月27日 東横堀川遊歩道にて

ビワ(枇杷) ビワ(枇杷)
左右:2012年12月29日 東横堀川遊歩道にて

花を撮っているとツマグロキンバエによく出会います。


<2012年3月3日追記>
ふと思い出したのですが、花弁に毛が生えていても可愛い花はありました。
しかし、この毛にはいったい何の役目があるのでしょう。(・_・?)

アベリア(Abelia)
アベリア


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 23:32コメント(13)トラックバック(0)2月の撮影   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mitsouko   2013年02月27日 07:55


びわの花

はじめて拝見いたしました*
この、いちばん上の写真。素晴らしいと思います。
Googleの、びわの画像も見てきたのですが・・・・
お花の写真もいくつか載せられていましたけれども、これほど見事な写真は、
一枚もありませんでした。

びわ農園のかたにさし上げたら、どんなに喜ばれるでしょうか・・・*
(額におさめて、飾ると思います。)

冬の寒さから身をまもるために、あたたかい毛布をまとっているのでしょうか?
すこしグリーンがかった白い花びらの上のキャメルの毛もまた、
いいではありませんか・・・・・・・・*
虫の、小さな足が、この毛をつけていったのでしょうか?

この花のところが、びわの実の“おへそ”のようなくぼみになるのですね。
びわの実に歯をたてた時のみずみずしさ、
すこしさびしいようなひかえめな甘さが、恋しくなりました*


2. Posted by syousuke   2013年02月27日 18:12
mitsouko さん、こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。^^
でも、ちょっと褒めすぎです。
恥ずかしくなってくるではありませんか。(笑)
僕も、Googleの画像に可愛いのがないか探して見ました。撮り方の参考にしてみたいと、でもないんですよね。やっぱ難しいんですね、この方を撮るのは。(^_^;
上手く撮れないのは僕のセンスの問題で、ビワは悪くないし、案外ぼく自身はこの花を気に入ってるんですよ。(笑)


3. Posted by yama   2013年02月28日 00:56
5 syousukeさんもひつっこい方(お花に限っての話で)なのですか・・? アハハ
ビワって、ほんとにコンデションの良い状態になかなか会えないと私も思っていました。
でもsyousukeさん、お見事です!綺麗な5弁花、ナイスショット
来年も楽しみにしています


4. Posted by mitsouko   2013年02月28日 14:12


エエエエ〜エ?・・・・・・・・・*

yama様も?、びわの花を追いかけていらっしゃるのですか!!
うううううう――――――む・・・・・・・  ?

なんという、“ミラクルな”お二人*なのでしょう・・
マニアック?というのでしょうか・・・・(ナンダカ オモシロイですね*)

わたしは、梅の花がそろそろかなあ〜*・・・・と、
心待ちにしていたのですよ。
(そうしたら、びわの花でした*)
ア〜レェ〜♪


5. Posted by syousuke   2013年02月28日 22:23
yamaさん、こんばんは〜
いやぁ、我ながらひつこいと思ってます。アハハ! (^▽^)
それでも良いコンディションにめぐり合えないのであっさりとあきらめてしまいましたけど…(汗)
おかげでビワさんとは長い付き合いになりそうです。(笑)
いままであまり意識したこと無かったのですが、見せる写真の撮り方も勉強しないといけないですね。いつまでも我流ではなくて、基本の勉強しなくてはとつくづく感じる今日この頃です。^^;


6. Posted by syousuke   2013年02月28日 22:39
mitsoukoさん、こんばんは〜
yamaさんの花を見つめる目は、ぼくの目標なんです。
だから行動も似てくると思います。^^

ところで今シーズンのウメ、ブログには載せてませんが撮ってますよ。
今のところ、今年のお気に入りはこれです。

香篆梅(こうてん)
http://pics.livedoor.com/u/syousuke0202/10241646



7. Posted by yama   2013年03月01日 00:03
mitsoukoさま、こんばんは^^
ビワは、そういう?意味では追っかけてはおりませんが、出会ったならまた挑戦してみたいと思っております。只、『しつっこい追っかけ?』は結構やっております^^
syousukeさんの今回のおっかけ対象・ビワには、到底及ばない!?単なる道端の草に相当するような植物には、目がありません(^ム^)へへへ 
撮るのも勿論楽しいからで、そして、mitsoukoさまも写真を見て驚かれているように?知る喜びがイチバンかもしれません(^^)v 
お声掛け戴きありがとうございました♪


8. Posted by yama   2013年03月01日 00:10
syousukeどん、変なこと書いてはあきまへん(何弁?アハハ)

写真の基本のお勉強・・・撮り始めから必要性は感じておりましたが、正直お勉強嫌いです。そう言っては、ずーっと逃げて来ていました。このまま逃げ切ろう?と思っています、、


9. Posted by mitsouko   2013年03月02日 00:22


syousuke様、yama様。
わたしは、どうやって見ればいいのか・・・わからなかったのですが・・・
パソコンのお教室にも行かないものですから・・・汗・・

やっと! お写真を拝見することができました!!!
yama様のお写真も見てみたいと思っておりましたので、
願いがかなって、とても嬉しかったです*
有名な方なのですね*

“yama様の、花をみつめる目” わたしも、素敵だと思いました*
(いい写真をお撮りになるのですね・・・・)
日々の楽しみができて、うれしく思います。
ご紹介くださってありがとうございました。


『香篆梅』 お日様のあたった、ふっくらとまるい白いつぼみの、ガクの紅が、
キレイですね。この梅は枝がうねっていて、とてもめずらしい梅でした。
『冬至梅』の、“平成25年のいちばん咲き”、心魅かれました。
『緑萼』 ほんとうに爽やかな緑色のガクで、おしべ?も緑で、
真っ白な花びらの向こうのガクが透けて見えるからでしょうか?
花の中心がほんとうにさわやかな緑*


10. Posted by mitsouko   2013年03月03日 02:25
アベリアの花*

こんな、ふわふわした毛がお花についていたとは?!
気がつきませんでした。
このアベリア、岡山の写真好きの方との土地のあいだに植えられていました*
とてもなつかしい植物なのですよ・・・・・・・。

肝臓と、糖尿、腎臓病をもっていらして、
ある時、腎臓結石でとても苦しまれたのですが、
この、“アベリア”の煎じ液をのんで、結石が自然に排出されたのですよ*
それから、植えられたものです。

結石は表面がギザギザに結晶して、とても痛いものだそうですが、
その表面のオウトツを溶かすはたらきがあるのだそうで、
ツルツルになった結石が、お小水といっしょに排出されるのだそうです。

お花のページにふさわしくない話題で申しわけないですね*
(お酒は一滴も飲まれないかたでした。甘党でした。)


11. Posted by syousuke   2013年03月03日 23:42
mitsoukoさん、こんばんは。
アベリアにそのような薬効があったなんて知りませんでした。
これってほとんど知られていないことではないでしょうか。
花のブログですが、その花の薬効も話題としてはOKですから、ご安心を。
逆に分かることならでけっこうですが、もっと詳しく知りたいくらいですよ。^^


12. Posted by mitsouko   2013年03月04日 19:53
syousuke様、こんばんは*

わたしも、きちんとお聞きしておけばよかったと思うのです、
ご本人も、アベリアを植えたり煎じたりのお世話をなさったお手伝いさんも、
天国にゆかれましたのでね・・・・・・

わたしの記憶では、花の頃がいちばんいいということを、
言っておられた気がするのですが・・・・
花が咲いていない季節でも、とにかく、
アベリアの枝を切って、きれいに洗って風通しのいいところに吊るして乾燥。

その乾燥したものを、テキトウな長さに切って、
漢方薬のように煎じて、のんでおられたということです。
ドクダミ茶などと、おなじようなことだと思います。
肝硬変におなりになったあと、20年以上活躍なさいましたが、
まいにち、丸山ワクチンを打っておられたかたです。(その頃のこと)

指先くらいの大きさの結石が、お小水とともに“コツン”と
陶器(TOTO)に、
音を立てて排出されたと言っておられました。

アベリアの花が咲く頃には、蜂がたくさんきていたことを、
思い出します。
できるだけ健康に、楽しく、残りの時間を生きていたいものですね*


13. Posted by syousuke   2013年03月04日 23:57
mitsoukoさん、こんばんは〜
どうもご丁寧にありがとうございます。<(_ _)>
今は腎臓結石は、超音波を体外から当てて砕いてしまうことができるようなので、それほど心配な病気ではなさそうですが、でもアベリアが解決してくれるのであれば、それにこしたことはありません。良い情報をありがとうございました。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: