2012年11月27日

ツタ(蔦)

Parthenocissus tricuspidata
紅葉蔦
2010年11月18日 大阪城公園にて

ブドウ科 Vitaceae
ツタ属 Parthenocissus
ツタ P. tricuspidata

ブドウ科ツタ属のつる性の落葉性木本。別名、アマヅラ、ナツヅタ、モミジヅタ 。

ツタという言葉は、ツタ属(Parthenocissus)の植物を総じて称することもある。英語でのアイヴィー(Ivy)との呼び方はキヅタ類を指すことが多い。

葉は掌状に浅く裂けるか、完全に分かれて複葉になり、落葉性。まきひげの先端が吸盤になって、基盤に付着する。無理やり抜いた場合はポツポツと吸盤だけが残る。5枚の緑色の花弁を持つ小さな花をつける。

ツタ属植物は、アジアから北アメリカに15種が自生し、日本にはツタ P. tricuspidata のみが本州から九州に自生する。「つた」の名称は他の植物や岩に「つたって」伸びる性質から名づけられた[要出典]。建物の外壁を覆わせ、装飾として利用される。

また、日本では古来から樹液をアマヅラと呼ばれる甘味料として利用していた。ナツヅタの名は、ウコギ科キヅタをフユヅタと呼んだため、その対比で呼ばれた。
ウィキペディアより引用


2年前に撮った写真なんですが、ずっとアイビーだと勝手に思い込んで調べていたので正体が分からないままでした。^^;

一般的にアイビーと言われているのは、ウコギ科 キヅタ属 ヘデラ(Hedera)という種のようで、そっくりなんですがまったくべつものなのでいくら探しても見つからないはずでした。それに、アイビー(キヅタ/ヘデラ)は常緑で紅葉はしないようです。しかし、紅葉した姿はカエデそっくりです。(笑)

来年は忘れずに、開花と結実を追いかけてみようと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 21:57コメント(2)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mitsouko   2012年11月29日 02:41
syousuke様、ねむれませんこんばんは*

甘味料になるのでしたら、
ツタのつるをかじってみたら、甘いのかもしれませんね*
サトウキビなら、かじったことがあります。竹のような茎のなかの白いところです。

わたしは、お散歩の時、ハサミをもっています。釣具屋さんにあった、
さやつきで、小さくて、お洋服に留められる安全ピンがついた、便利なハサミです*
さやの部分にピンがあって、ハサミだけ片手で着脱できます。
まあ・・・ハサミがなくても、お口をもっていって、カミカミすれば、
いいのですね。

わたし、アイビーというのは“ツタ”のことだと、ずっと思っていました。ちがうのですね。

アントシアニンの色素と、糖が関係あるのは、おもしろいですね。
蘭の葉っぱも、うっかり寒さにあてると一部紫色に変化します。
コノ色がまた、いいのです*

メ−プルシロップはどこか涼しい甘さというか・・・蜂蜜とちがって、
なんと表現すればいいのか?たべたくなってきました*
買ってこようかなあ・・・・・・・*


2. Posted by syousuke   2012年11月29日 22:22
mitsoukoさん、こんばんは〜
僕ははさみではないけど、フォールディングナイフを持ち歩いてます。
ナイフはアウトドアの必需品なんですよね。^^
夏場は喉の渇きを潤すのに、イタドリ(スカンポ)を切り取ってかじったりします。
こんど機会を見つけて、ナツヅタもかじってみますね。(笑)
自然な睡眠のリズムを作るには、ギャバ(GABA)を摂取するのが効果的みたいですね。

いつもコメントをありがとうございます。^^


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: