2012年11月26日

ナンテン(南天)

Nandina domestica
ナンテン(南天)
2010年11月18日 大阪城公園にて

キンポウゲ目 Ranunculales
メギ科 Berberidaceae
ナンテン属 Nandina

花期:初夏
実期:秋〜冬

中国原産。日本では西日本、四国、九州に自生しているが、古くに渡来した栽培種が野生化したものだとされている。

高さは2m位、高いもので4〜5mほど。幹の先端にだけ葉が集まって付く独特の姿をしている。先端の葉の間から、花序を上に伸ばし、初夏に白い花が咲き、晩秋から初冬にかけて赤色(まれに白色)の小球形の果実をつける。庭木として植えられることが多く、時に逸出したものが野外で生育しているのも見掛ける。

音が「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信がある。葉は赤飯などの飾りに、実は南天実(なんてんじつ)という生薬で咳止めの薬として用いられる。

江戸時代に様々な葉変わり品種が選び出され、さかんに栽培された。古典園芸植物として現在もその一部が保存栽培されている。錦糸南天等とよばれる。
ウィキペディアより引用

ナンテン(南天)  ナンテン(南天)
2011年06月17日 大阪城公園にて


紅葉狩りに行くと必ずカエデとセットのように出会うのがこのナンテンの赤い実。
白い実や黄色い実を付ける品種もあります。

日本の風景にはカエデやナンテンの燃えるような赤色はとても似合いますが、クリスマスのオーナメントにも赤色が似合います。この季節には赤色を見ると幸せな気分になれるようですね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 19:00コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mitsouko   2012年11月26日 23:52
syousuke様、こんばんは*

南天の実をつけたジクは、こんな紫色だったのですね・・・
岡山に住んでおりました時に、庭にありました。
お料理のあしらいによく、きれいな葉を摘んでつかいました。
お赤飯のことが、まず浮かびますね*
なつかしいです。

南天の絵の、お気に入りの食器をもっています。
梅型の真っ白な地に金の縁。ひかえめな南天の絵の、葉っぱも金。そして可愛らしい小さな紅い実。とてもシンプルです。
大、中のお皿と、ふっくらとした小鉢の3つセットです*大倉陶苑。

箕面(みのお)と読むのですね。紅葉のお写真拝見いたしました*
わたしは、2010年のほうの写真が好きです。
黒い幹のシルエットと緑から紅色にかけての輝く様なグラデーションが、
ほんとうに素敵ですね*
暗い所にいて、光の色を眺めている感じがイイ気持ち*
しっとりとした落ち葉の香りがしそうです。


2. Posted by syousuke   2012年11月27日 19:48
mitsoukoさん、こんばんは〜

紅葉の仕組みとして、葉と茎のあいだで物質の流れが妨げられる(離層)と、葉に糖質が溜まり、この糖質からアントシアニン(赤い色素)が作られるそうです。

ナンテンの実は十分に熟して、花序軸はその役割を終えるため、紅葉と同じメカニズムで赤味が目立ち、紫色に変わってきたのでしょうね。素人の考えなのでいい加減な推論ですが…(汗)

mitsoukoさんの生活には長年にわたって南天が息衝いているのですね。きっと、多くの日本人にとって南天の存在はそういうものなのでしょう。やはり心休まる存在です。

箕面の写真も見ていただきありがとうございます。
落ち葉の香りまで感じ取っていただいてとても嬉しいです。^^


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: