2012年10月31日

ヤマハギ(山萩)

Lespedeza bicolor
ヤマハギ(山萩)
2012年10月15日 東横堀川遊歩道にて


マメ科 Fabaceae
ハギ属 Lespedeza
ヤマハギ Lespedeza bicolor

 ヤマハギは北海道から九州、朝鮮・中国・ウスリーに分布する落葉半低木。尾根筋のアカマツ林中や林縁、刈り取り草地などに生育する。茎は刈り取られない場合には高さ2m近くになることもある。刈り取られた場合には、地面から直立する。枝先はほとんど垂れることがないが、林縁などに生育する場合に、時として枝が垂れることがある。葉は3小葉からなり、小葉の先端はわずかに凹むものから円頭のものがあり、変異の幅は広い。表面は無毛であるが、裏面には短毛があるが、わかりにくい。花は7月から10月にかけて咲き、花序の柄は長く、葉よりも外側に出て目立つ。顎片の先端は鋭頭。
 ヤマハギは、時折刈り取られるような場所に生育していると、ヤマハギらしい姿となるように思う。葉は全体的に大きく、葉柄が長いので、葉の間が透いて見える。花序の柄も長いので、花数が少ない場合には点々と花があるように見える。
植物生態研究室のHPより引用


ヤマハギ(山萩) ヤマハギ(山萩)
左:小葉の先端がわずかに凹んでいます。
右:花序の柄が長いのが特徴


ヤマハギに似た種にマルバハギがあるが、マルバハギは葉の脇に葉より短い総状花序を出して花をつけるのでヤマハギと区別が付きます。


ハギ(萩)は、何度も撮っていたのですでにアップ済みと思い込んでいました。
しかし、アップしていたのはアレチヌスビトハギでした。
遅ればせながらアップしておきます。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 23:25コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook) 4月の撮影   

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mitsouko   2012年11月01日 23:34
syousuke様 お邪魔をいたします*

萩の花、素敵ですね・・・・・すきな花です。
真ん中に線のはいった、まるい葉っぱもかわいらしいですね。
「アレチヌスビトハギ」のほうも、拝見いたしました。
荒地盗人とは・・スゴイ名前ですね!

“ふるえプラス、息切れのめまいと立ちくらみで死にそうに・・・”
の文章に、胸がキュン*といたしました。
やはり、これだけのお写真を撮るのは、簡単ではないのですね。
心臓の鼓動も、カメラをもつ手につたわってしまいそうですね*

雑感日記のほうにあったお写真も、拝見。
いい写真をお撮りになると、いつも感心しています。
寒くなりましたね・・・・・・・。
お元気でおすごしくださいますように*

植物学者さんのようですね!


2. Posted by syousuke   2012年11月02日 06:50
mitsoukoさん、おはようございます。
いつもご訪問ありがとうございます。^^
萩って素朴やけど可愛いですよね。
僕も同じく、葉っぱの愛らしさがお気に入りです。

ちなみに死にそうになるのは撮影がへたくそだからなんですよ。上手な人ならいっぱつで決めれるはずなんで… (汗)
それに植物のこと、何も知らないので見るもの全てが新鮮なだけなんです。

コメントありがとうございました〜♪



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: