2012年05月05日

ハルジオン(春紫苑)

Erigeron philadelphicus & G. sarpedon
ハルジオン(春紫苑)
2012/05/03 東横堀川遊歩道にて


ハルジオン(春紫苑)

科 : キク科 Asteraceae
属 : ムカシヨモギ属 Erigeron
種 : ハルジオン E. philadelphicus

多年草で、背の高さが30-80cmくらいになる。

根元には篦型(のがた)の根出葉があり、花の時期にも残ることが多い。葉と茎は黄緑色で、まばらに毛が生える。茎はあまり枝分かれせずに伸び、先の方で何回か枝分かれして、花をつける。花はヒメジオンと同じく、細い舌状花を持つヒマワリのような花だが、白とピンクのものがある。また、ヒメジオンより一回り花が大きい。花の時期は4月-5月頃でヒメジオンよりも早い。一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言われている。

北アメリカ原産の帰化植物で、大正時代の中頃に観賞用として日本に入ったと言われている。現在ではほぼ日本全国に分布し、都会を中心に見られる。日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。
ウィキペディアより引用


あちこちで見かける馴染み深い『ハルジオン』
何度も撮ってるのに、ブログには載せていませんでした。
いつでも撮れるという気持ちから邪険にしていたかもしれません。
可愛いのに… ^^;

久しぶりにカメラを持って散歩に出て見たら、ハルジオンに蝶が吸蜜に集まっていました。

Erigeron philadelphicus &  A. hyperbius
ツマグロヒョウモン♂


アオスジアゲハ                ツマグロヒョウモン
アオスジアゲハ ツマグロヒョウモン♂


ハルジオンの近縁種にヒメジョオンという種があります。
花がとても似ているので標準的な違いを書いておきます。

ヒメジョオンの方が背が高く、花は小さくて数が多く、根本がすっきりしている。これに対して、ハルジオンは、背は低く、花は大きくて少なく、根本に葉がある。

ハルジオンの蕾は下を向いて項垂れているような特徴がある。

ヒメジョオンの茎には空洞がないが、ハルジオンの茎には真ん中に空洞がある。

ヒメジョオンの葉は茎を抱かないが、ハルジオンは茎を抱くように付く。

ハルジオンの葉のつき方
_MG_3968


ちなみにヒメジョオンもまだアップしていません。
次に出会うまでお待ちください。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 20:14コメント(4)トラックバック(0)

Share (facebook) 2月の撮影  | 11月の撮影 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2012年05月08日 23:16
こんばんは。
『道草』定期的に?チェックはしていた筈?でしたが、アップに驚いています。またsyousukeさんのお花を見られて嬉しいです。同じような草花に向かっておられるので、私には出来ない詳細な説明や撮り方にも注目しちゃいます♪
↓にも沢山アップ済み画像も、ハルジオン・アオスジアゲハ・ツマグロヒョウモン♂も、上手くゲットされていますね!久しぶりのsyousukeさん画像に目を見張ってしまいました。
姫の方が好きよとよく言っているのですが、春もやはり好きなようで、昨日も今日も携帯カメラですが帰り道で撮りました♪ヒメジオンも楽しみです^^


2. Posted by syousuke   2012年05月09日 00:54
>yamaさん、こんばんは〜
ずいぶん長期間にわたって放置してました。
そんな片手間なブログをチェックしてくださってほんまに恐縮です。m(_)m

ところで蝶はたまたまラッキーでした。
いつもはそれほど多くの蝶を見かけることがない場所だったのですが、なぜか数匹の蝶たちが飛び回っていたのです。おまけに都合のいいことに久しぶりに100丱泪ロを持っていたんです。

50mmでは蝶に逃げられてしまうのでほんまにラッキーでしたよ。^^v

こういうことがあると、また新たに熱が入りますね。(笑)
しばらく重くて持ち歩かなかった100个僚佝屬増えそうです。^^


3. Posted by suzuki   2012年05月10日 20:21
ツマグロヒョウモンって以前は見たことがなかったのですが、数年前から関東でもモンシロチョウより多く見られます。
きれいな蝶ですがこんなに増えてしまうとちょっと不気味。
増えたって言えば、ナガミヒナゲシというオレンジ色のポピーみたいな花。これも増えすぎてやはり不気味です。(^^;


4. Posted by syousuke   2012年05月11日 07:42
>suzukiさん、はじめまして〜
詳しくは知らなかったんですがツマグロヒョウモンって日本での生息域は近畿地方が北限だったんですね。温暖化が一躍買ってるとすれば確かに喜ばしいことではなさそう…

ナガミヒナゲシに関しては侵略的外来生物などと危惧されてて、確かに驚異的な繁殖力だとは思いますが、延び止まりしているようにも感じます。芥子粒の名にふさわしい小粒で大量の種子を撒き散らす割には落ち着いているように思うのです。セイタカアワダチソウのように自然淘汰されるのでは?と楽観視しております。(汗)

あくまでも素人の感想なんですが…
これを機会にまた色々と教えてくださいね。
ご訪問&コメントをありがとうございました。^^


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: