2010年10月21日

ハクチョウソウ(白蝶草)

Gaura lindheimeri
ハクチョウソウ(白蝶草)
2010年10月16日 八尾久宝寺緑地にて


フトモモ目 Myrtales
アカバナ科 Onagraceae
ガウラ属 Gaura

別名:ヤマモモソウ(山桃草)
ハクチョウソウ(白蝶草)は、北アメリカ中南部・テキサス・ルイジアナ州からメキシコ原産のアカバナ科の多年草。高さは60〜120センチになる。
葉はへら形で、長く互いに向かい合い、茎葉には毛がある。6〜10月に直径2.5センチの花が開花する。
素朴な美しさが魅力で、自然の風に吹かれると白いチョウが舞うような形に見えることからハクチョウソウの名が付いた。別名をヤマモモソウといい、こちらはモモに見立てている。
開花時期は長いが、株が花で埋まるような咲き方ではないため、身近で花を楽しめる所に植えたい。
耐寒性、耐暑性ともにすぐれ、丈夫で育てやすく、日当たりが良ければ土質も選ばない。植え付け時に元肥を施す程度にし、肥料は与えすぎないように。
種から育てても1年以内に開花するほどなので、株分けをしたり、刈り込んだりして株が大きくなりすぎないように管理をする。
種まきは4月下旬ごろ、株分けは秋または春に行うようにする。
わち山野草の森より引用


ハクチョウソウ(白蝶草)
2010年10月16日 八尾久宝寺緑地にて


8月の上旬から数回にわたって撮ってきましたが、難しい!
今まで出会った花の中で、このハクチョウソウがいちばん難しいのではないかなぁ・・・

上手く撮れないけど、ぜひブログにはアップしておきたい。
矛盾してますが、自分のブログなんでわがままをご勘弁下さいませ・・・ ^^;


 自然の風に吹かれると白いチョウが舞うような形に見える


舞ってばかりで、何処にも止まってくれないので本当に難しいです。(泣)




syousuke0202 at 18:12コメント(4)トラックバック(0)2月の撮影   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年10月21日 23:47
初めて見たよ!!とっても素朴やけど、品のあるお花。

風が吹くと「ちょうちょ」のように・・・
確かにそんな感じね〜

拘りの写真撮影なのね。このお花もきれいに撮影できてると思うけどな〜

奥深いね。。。


2. Posted by syousuke   2010年10月22日 00:23
>滝ちゃん、こんばんは〜
一般的には属名の「ガウラ」で流通しているみたいです。
ほんと派手さはないけど、良い感じの花で結構気に入ってます。^^

でもね、ほんまに撮るのが難しくて、かなりの枚数撮った中でかろうじてマシな2枚なんです。^^;

葉の特徴や全体像のはまったく駄目・・・
ま、動かんかってもあかんけどね。(T_T)


3. Posted by yama   2010年10月26日 17:17
5 白も桃色も上手に撮られています!!
この花狙いの苦労は、よ〜く?分かります

>>今まで出会った花の中で、このハクチョウソウがいちばん難しいのではないかなぁ・・・
まったく同感です!!風など無いと思うのに?勝手に?舞うのですから・・



4. Posted by syousuke   2010年10月26日 17:55
>yamaさん、こちらでもこんばんは〜
yamaさんに誉められると、嬉しいなぁ・・・ (〃'∇'〃)ゝ

でもね、本当はyamaさんのpicsの写真のようにヒラヒラ飛んでるところが撮りたかった〜
100万年早いって言われそう・・・ ^^;

たくさんのコメントをありがとうございました〜♪


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: