2010年10月20日

ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)

Ipomoea×multifida、syn. Quamoclit x sloteri House.
ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)
2010年09月26日 北大江公園にて


ナス目 Solanales
ヒルガオ科 Convolvulaceae
サツマイモ属 Ipomoea

別名:モミジバルコウソウ(紅葉葉縷紅草)
1918年、アメリカの育種家Sloterがルコウソウとマルバルコウソウを交配して作り出した種間雑種。草丈2-3mのつる性になり、他のものに巻きつく。
羽状に深裂した葉をもつが、葉の裂片はルコウソウほど細くはならず、両親の中間的な形である。「羽衣」や別名の「もみじ葉」の名も葉の形に由来する。
朝顔やサツマイモと同属である(ルコウソウ属Quamoclitとして独立させる見解もある)。
花は赤。直径3cm前後の朝顔形の花を多数咲かせる。小さいが、鮮やかな赤色がよく目立つ。
花期は長く、梅雨明け前から咲き始め、霜の降りる頃まで咲き続ける。

「花ノ楽屋」より引用


ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草) ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)
左:2010年09月26日 北大江公園にて    右:2010年09月27日 北大江公園にて


この人、久しぶりのヒット〜☆

めっちゃ好みです♪
本来、シアン系の花が好みなんですが、ある条件が揃った時はマゼンダ系もOKなんです。^^
その条件とは、葉っぱの形〜♪

何故かしら、この組み合わせに弱いのでした。(〃'∇'〃)ゝ
もう、たまりません。^^;





syousuke0202 at 19:58コメント(4)トラックバック(0)

Share (facebook) 4月の撮影   

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年10月21日 07:56
葉っぱ、確かに雰囲気あるよね〜お花、白もカワイイよ〜

syousukeさんの好み、判ってきたわ・・・

「この人」って・・・
「たまりません」って。。。花にすりよってたら「アブナイ人」に間違われるから、くれぐれもご注意を〜


2. Posted by syousuke   2010年10月21日 08:55
>滝ちゃん、おはよう!
えっ、白花あるんですか〜〜〜
赤・紫・青の3色と思ってた〜
見てみたいなぁ、でもやっぱこの人は緋紅色でないとなぁ・・・ ^^;

ところで、やっぱヤンキーオヤジが花に擦り寄ってたらひきますか〜 (爆)


3. Posted by れおわんわん   2010年10月22日 06:43
この花大好き。
いくら撮っても赤がぶっつぶれて写ってしまうのでこうやって綺麗に撮れている画像を見るといいなあと思ってしまいます。
これにハチドリが寄ってくるんですよね〜。←米国にて


4. Posted by syousuke   2010年10月22日 08:24
>れおわんわんさん、おはようございます。
赤つぶれ(色飽和)がデジタルの宿命なのに、今回は質感まで表現できたので驚いています。いつもはコントラストをレタッチしても少しましになる程度なのに・・・ ^^;

デジカメはまだまだよく分からないです。(-_-;

でも、ハチドリ、良いですね〜♪
ぜひ撮ってみたいです。^^


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: