2010年10月06日

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)

Achyranthes bidentata var. tomentosa、syn. A. fauriei
ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)
2010年09月27日 大阪城公園にて


ナデシコ目 Caryophyllales
ヒユ科 Amaranthaceae
イノコヅチ属 Achyranthes
モンパイノコヅチ A. bidentata
変種 : ヒナタイノコヅチ var. tomentosa

日本および中国に分布する多年生草本。日本では、北海道の一部、本州、四国、九州の日当たりのよい道端や原野に生える雑草である。葉は対生。茎は節で枝分かれする。花期は8-9月で緑色の小花を咲かせる。根は地中深くに伸び、引き抜きにくい。果実は人の衣服や獣の体に付着し運ばれる。

似た植物にイノコヅチ(ヒカゲイノコヅチA. bidentata var. japonica)がある。

本種またはA. bidentata(本種の基本種)の根を乾燥させるとゴシツ(牛膝)という生薬になり、月経不順、利尿、腹痛、関節痛、強壮などに利用される。牛膝は牛膝散、折衝飲などの漢方方剤に使われる。
ウィキペディアより引用


ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)
2010年09月27日 大阪城公園にて


何処にでも生えているいわゆる雑草ですが、このとき日差しを受けて緑色の花穂がキラキラ光ってとても綺麗に見えました。^^

それを写真に上手く撮れなかったのが残念ですが・・・
こういうときに、ちゃんと撮り方を考えないとあかんなぁってつくづく後悔します。(-_-;


ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌) ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)
左:2010年09月26日               右:2010年09月27日


こんな小さな色気のない花ですが、けっこう虫たちが集まってきていました。
(写真撮ってませんが・・・)

それが不思議でクローズアップしてみましたが・・・

こんな小さな花でも蜜を持ってるのかなぁ(・_・?)





syousuke0202 at 01:33コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook) 8月の撮影   

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年10月06日 23:19
「ひっつき虫」って言ってるのとは違うのかな???

ちっちゃな花がちゃんとある・・・なかなかそこまで見る機会がなかったので、新しい発見です!

やっぱり甘い蜜があるんじゃない?虫さんには判るのよ。

キラキラ〜〜っていいね!!

「つゆくさ」の画像・・・すっごくキレイよ〜
PCの背景にしてるけど、浮かんでるように見える。
とっても気に入ってます!!ありがと〜!


2. Posted by syousuke   2010年10月06日 23:34
>滝ちゃん、こんばんは〜
ひっつき虫で正解〜!
フリースのジャケットなんかに付いた日には、もう大変です。(-_-;
でもね、不思議にもキラキラして綺麗かってん。^^

写真撮ってたら、公園管理のオッチャンが集まってきて、兄ちゃん何撮ってるん?
って聞かれてしまいましたわ〜

よっぽど珍しかってんやろね。(笑)

ツユクサの写真、ウォールペーパーに使ってもらえて嬉しいです。^^
こちらこそ、ありがと〜♪


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: