2010年09月26日

ノウゼンカズラ(凌霄花)

Campsis grandiflora
ノウゼンカズラ(凌霄花)
2010年09月09日 大阪市立大学理学部附属植物園にて


ゴマノハグサ目 Scrophulariales
ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae
ノウゼンカズラ属 Campsis

夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、庭などでよく栽培される。

中国原産。ノウゼンというのは凌霄の字音によるといわれる(古くはノウセウと読まれた)。夏の暑い時期にハッとするような鮮やかな色の花を付けるところから、この花の名前が来ているともされる。茎の先に総状花序をつける。花冠はラッパ型で先が5片に裂けて開く。葉は奇数羽状複葉。つるからは気根を出し固着する。幹はフジと同じように太くなる。樹勢が非常に強く丈夫な花木であり、容易に株分かれして繁殖する。また、花後のこぼれ種が自然発芽して、周囲に広がっていくこともある。園芸品種が複数存在し、ピンクや黄色などの花色もある。

ノウゼンカズラ属はノウゼンカズラと、アメリカ合衆国南東部原産のアメリカノウゼンカズラC. radicans、およびこれらの雑種C. x tagliabuana からなる。アメリカノウゼンカズラの花はノウゼンカズラより細長く、赤橙色。

花の形がラッパに似ていることから英語では「トランペット・フラワー」と呼ばれる。
ウィキペディアより引用


ノウゼンカズラ(凌霄花) ノウゼンカズラ(凌霄花)
2010年09月09日 大阪市立大学理学部附属植物園にて


初夏から秋にかけて咲き続けます。
つる性なので棚に這わせているのをよく見かけますが、その下にできた日陰はコンクリートのはびこる中、とても安らぎを感じます。^^

緑とオレンジ色の組み合わせって眼に優しく感じるのですが、気のせいかな〜♪




syousuke0202 at 18:34コメント(2)トラックバック(0)1月の撮影 | 12月の撮影  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by れおわんわん   2010年09月26日 22:43
この花大好きです。
以前家で餓えようと思ったら親父が大反対。椿とかもそうですが、花がぽろっと落ちるのが不吉な感じがするんだとか・・・
綺麗なのにねえ。


2. Posted by syousuke   2010年09月26日 23:12
>れおわんわんさん、こんばんは〜
確かに、見事なくらいポロって落花しますね〜
でも、そんなこと考えたこともなかった。
験を担ぐなんて昔気質なお父さんですね。(笑)

ところで、
完走おめでとう! そしておつかれさま〜
しかし、トラ完走して、車運転して帰ってきて、コメント書く元気が凄い!
やっぱ、スーパーレディーですね。^^

今日はゆっくりお休み下さい〜♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: