2010年09月16日

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)

Orthetrum albistylum speciosum ♂
シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
2010年09月09日 大阪市立大学付属植物園にて


トンボ科 Libellulidae
シオカラトンボ属 Orthetrum

体長50-55mm、後翅の長さは43mm前後の中型のトンボ。雌雄で大きさはあまり変わらないが、老熟したものでは雄と雌とで体色が著しく異なっている。雄は老熟するにつれて体全体が黒色となり、胸部〜腹部前方が灰白色の粉で覆われるようになってツートンカラーの色彩となる。この粉を塩に見立てたのが名前の由来である。塩辛との関係はない。雌や未成熟の雄では黄色に小さな黒い斑紋が散在するので、ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)とも呼ばれる。稀に雌でも粉に覆われて"シオカラ型"になるものもあるが、複眼は緑色で、複眼の青い雄と区別できる。
ウィキペディアより引用


シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
2010年09月09日 大阪市立大学付属植物園にて


もっともなじみ深いトンボのひとつ。
山地から住宅地に至るまでの、池、湿地、水田、溝、水たまりなど、あらゆる環境で発生し、各地に普通に見られる。見られていた・・・^^;

子供の頃は本当によく見かけたが、今、大阪市内で見ることはシオカラですら難しい。考えてみればどの川も運河もコンクリートによる三面護岸でヤゴ(水蠆)の育つ環境はない。

建設省の考えでは、100年に一度に起きる洪水を防ぐために排水力を重視するために日本全国の美しい河川をストレート工法で真っ直ぐにし、三面をコンクリートで護岸して排水路にしてしまった。

今になってゲリラ豪雨と呼ばれるような短時間の大雨の排水に貢献しているが、元はといえば山を削って、樹木を切り倒したおかげで山の保水力が落ちてしまったことや、近ごろでは子供でも知る温暖化によるものだ。本末転倒もはなはだしい!

景気対策云々で公共事業も大切とは思うけど、同じ土木に予算を組むのでも、近自然工法などで取り組んで欲しいものだ。


糸の先に銀紙で包んだ小粒の石を投げてそれを追うトンボ・・・
そんな光景が蘇る日は来るのかなぁ、、、





syousuke0202 at 00:10コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yoshiko   2010年09月16日 02:38
おはようございます〜

お目目がめっちゃ可愛いですね〜^^
2. Posted by 滝ちゃん   2010年09月16日 08:35
護岸・・・コンクリートの壁。

必要やけど、必要にしてしまったのは人間のワガママ。

自然のままの「川」を見ると、ホッ・・・とするよね。

。。で、どうして「塩辛」って言うのか判ったけど、それなら「辛い」は必要ないと思うんやけど??(笑)

「塩吹きとんぼ」やんな〜〜

3. Posted by syousuke   2010年09月16日 15:33
>yoshikoさん、こんにちは〜
この複眼の色で雌雄を見分けれるんですね、それにオオシオカラも・・・
眼の色が分かる程度に撮れて良かった〜^^♪
4. Posted by syousuke   2010年09月16日 15:44
>滝ちゃん、こんにちは〜

> 必要やけど、必要にしてしまったのは人間のワガママ。

それプラス、土建官僚の無知ですね。
こうなる事は早くから分かってたのに、工法も変えずにやってきたバカさ加減が腹立ちます。(-_-;

ところで、

> 「塩吹きとんぼ」やんな〜〜

なんで滝ちゃんそんなおもろいのん? ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: