2010年09月14日

ハツユキソウ(初雪草)

Euphorbia marginata Pursh
ハツユキソウ(初雪草)
2010年09月08日 北区同心町にて


トウダイグサ科 Euphorbiaceae
トウダイグサ属 Euphorbia

原産地:北米南部
草丈:90〜100cm 開花期:7〜10月 花色:白 葉色:緑と白
別名:ユーフォルビア・マルギナタ(Euphorbia marginata)、ユーフォルビア (Euphorbia)、ゴーストウィード(ghost weed)、スノーオンザマウンテン(Snow on the mountain)

緑の葉縁に白い覆輪が入った葉色のコントラストが美しいトウダイグサ科ユーフォルビア属の非耐寒性一年草です。夏〜秋に白い小花を咲かせますが、葉ほどには観賞価値はありません。葉や茎の切り口から出る乳白色の液は皮膚に炎症をおこすことがありますので気をつけましょう。
同じトウダイグサ科には、葉が赤や、白、黄のクリスマスの観葉植物として人気のポインセチア(Poinsettia)があります。
かぎけん花図鑑より引用


ハツユキソウ(初雪草) ハツユキソウ(初雪草)
2010年09月08日 北区同心町にて
左:杯状花序(はいじょうかじょ)           右:ハツユキソウの実


杯状花序(はいじょうかじょ)
数個の総包片の合着によって生じた「杯状」の総包の中に、一個の「雄しべ」からなる「雄花」多数と、一個の雌しべからなる「雌花」一個で構成される「花序」

トウダイグサ科トウダイグサ属に特有のもので、花序全体でひとつの花のように見える。花序の中にあるたった一つの雌花(雌しべ)が受粉の後に伸び出して実り、まわりの雄花(雄しべ)が送粉しはじめるようです。

なんとなく、トウダイグサ属の花の仕組みが分かってきました。^^;

今後はもっと詳細を撮りたいです。
息を止める練習しないと・・・(汗)


トウダイグサ属 Euphorbiaの仲間:ユーフォルビア ‘ダイアモンドフロスト’



syousuke0202 at 23:39コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook) 8月の撮影   

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2010年09月18日 08:36
5 おはようございます♪
今日も良い天気、秋空に変わった?青空が、今ココからも見えます
トウダイグサ科の魅力ですね^^ ハツユキソウはトウダイグサ科なのに、よく見かけるのに、実はsyousukeさんのようにじっくり観察していませんでした(~o~)
杯状花序の中には、ごちゃごちゃご馳走?が詰まっているようにも見えますね 実もかわいらしい!!
こんなん見つめていると、不思議で可愛くて堪らんようなってくるんです(^ム^)
2. Posted by syousuke   2010年09月19日 01:49
yamaさん、こんばんは〜
ご訪問ありがとうございます。^^
やっと秋らしくなってきましたね。
おかげさまでエアコンのお世話にならなくても快適です♪

前に、「ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト」を撮った時にこの仲間の花序の不思議を感じたんですが、分からずじまいでした。^^;

でも今回ハツユキソウのことを検索していて杯状花序の仕組みを知りました。
yamaさんの「猩々草」も同じでしたね〜☆

トウダイグサの仲間、ほんま不思議で可愛いです。^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: