2010年09月02日

ハンゴンソウ(反魂草)

Senecio cannabifolius
ハンゴンソウ(反魂草)
2010年08月19日 上高地にて

ハンゴンソウ(反魂草) ハンゴンソウ(反魂草)
2010年08月19日 上高地にて


キク科 Asteraceae
キオン属 Senecio

茎の高さは2mほどになり、茎や葉柄は赤みを帯びる。葉は葉柄をもち、茎に互生する。形は羽状深裂で3から7つの深い切れ込みが入る。先は尖り、縁は鋸歯状で、裏がざらつく。
花期は7月から9月で、茎の上部に径2cmほどの黄色い頭花を散房状につける。

頭花は同属のキオンに似るが、キオンの葉は切れ込まない。葉の切れ込みは別属の帰化植物であるオオハンゴンソウに似る。
ウィキペディアより引用


湿った土地が好みのようで、梓川右岸(河童橋〜明神橋)に多く見かけました。

本州中部以北、北海道に分布するそうです。
大阪では見ることは出来ない植物のようなので今回の上高地で出会えて良かったです。^^b

しかし簡単に撮り直しに出かけれないだけに、もっと腕を磨かないとなぁ、つくづく思い知りました・・・ ^^;


Damora sagana ♂              Colias erate ♀
ハンゴンソウ(反魂草) ハンゴンソウ(反魂草)
2010年08月19日 上高地にて


蜜が豊富なのかなぁ、蝶が頻繁に訪れていました。^^

メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)の雄と、モンキチョウ(紋黄蝶)の雌と思うのですが、ちょっと曖昧です・・・ ^^;


< 追加 >トリミング後、アンダーにレタッチしてます。
ハンゴンソウ(反魂草) ハンゴンソウ(反魂草)


2メートルくらいになる大きな花で、葉は深く切れ込みまるで手のひらのように見えます。草全体の姿がまるで幽霊が手を垂れているようです。

反魂とは死者の霊を呼び戻す事の意で、反魂草の名前の所以だそうです。

確かに山中で夕暮れ時に出会うと恐いかも・・・ ^^;




syousuke0202 at 02:44コメント(2)トラックバック(0)1月の撮影 | 12月の撮影  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by れおわんわん   2010年09月02日 06:54
これとよく似た花で花弁がびっしりついているものなら見かけますけど、それが「キオン」ってやつなんでしょうかね?
何も知らずに見たら、花の時期が終わりかけで花弁が散ってしまっているのだと思ってしまいそうです。
面白いですね。
2. Posted by syousuke   2010年09月02日 13:32
>れおわんわんさん、こんにちは〜
そうなんです!
僕も花期が終わりかけなのかと思いました。^^;
花弁(舌状花)は5枚前後くらいでしょうか、確かに少なくて散った後のように感じますね。

キオンは背が低くて深裂したオバケの手のような葉っぱではないようですが、花は似ているみたいですよ。
レオさんがよく見かけるのは何かなぁ、興味津々〜♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: