2010年08月31日

サラシナショウマ(晒菜升麻)

Cimicifuga simplex
サラシナショウマ(晒菜升麻)
2010年08月19日 上高地にて


キンポウゲ科 Ranunculaceae
サラシナショウマ属 Cimicifuga

日本、中国北部に分布する多年生草本。花期は8〜9月頃で白い小花を多数咲かせる。名前の「サラシナ」は若菜を茹で水にさらして山菜として食したことに由来する。

本種やその他同属植物の根茎は升麻(ショウマ)という日本薬局方に収録された生薬で、解熱、解毒、抗炎症作用がある。 升麻は、乙字湯、升麻葛根湯、補中益気湯、立効散などの漢方方剤に含まれている。
ウィキペディアより引用


今回分かったことですが、ユキノシタ科アスチルベ属、バラ科ヤマブキショウマ属、キンポウゲ科と多岐にわたってショウマと名の付く花があり、サラシナショウマの花穂は多少異なるものの、それ以外はどれも良く似て区別が難しいが、いずれも若芽は山菜になり食べられるそうです。


サラシナショウマ(晒菜升麻) サラシナショウマ(晒菜升麻)
2010年08月19日 上高地にて


花穂を詳しく撮りたかった〜
近くに寄れなかったので残念ですが、そう珍しいものでも無さそうなので、また次の出会いを楽しみにしておきます。^^



syousuke0202 at 02:33コメント(2)トラックバック(0)2月の撮影   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by れおわんわん   2010年08月31日 06:58
多分これは近所でも見られると思いますよ。
って、もしかして類似種であってこの種そのものではないかもしれませんが・・・
あれ?でも中国北部ってありますね。
私何処で見たんだろ???
2. Posted by syousuke   2010年08月31日 08:21
>れおわんわんさん、おはようございます。
僕は上高地で初めて出会った(初めてと思っているだけですれ違ってるはず?)んですけど、日本国内では北海道〜九州の落葉樹林内や草原などに生えているようです。れおわんわんさんは行動範囲が広いからそこいらで出会っているのではないでしょうか?

確かに中国北部っていうのは紛らわしいですね。
緯度的には中部以北ですよね。^^;
大陸はまた条件が変ってくるのかなぁ・・・???

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: