2010年08月17日

ムラサキカタバミ(紫片喰)

Oxalis corymbosa
ムラサキカタバミ(紫片喰)
2010年07月04日 大阪城公園にて


カタバミ科 Oxialidaceae
カタバミ属 Oxalis

南アメリカ原産であるが、江戸時代末期に観賞用として導入されて以降、日本に広く帰化している。他にも、北アメリカ、オーストラリア、熱帯アジアなどに帰化している。

背丈は約30cm、地下に鱗茎があり、地上には葉と花柄だけを伸ばす。葉は三出複葉、小葉はハート形、裏面の基部に黄色い腺点がある。

花は主に夏に咲き、葉の間から伸び出した花柄は葉を越えて伸び、先端に数輪を散形花序につける。花は桃色。種子は付けない。繁殖は鱗茎の周囲に小さな鱗茎を生じることで行われる。
ウィキペディアより引用


ムラサキカタバミ(紫片喰) ムラサキカタバミ(紫片喰)
2010年05月15日 東横堀川遊歩道にて


別名、キキョウカタバミ(桔梗片喰)とも呼ばれています。
類似種のイモカタバミとは下記の違いで見分ける事ができます。


ムラサキカタバミ
 花の色:薄い
 花弁中央部:色が薄い
 根:小さな子球を持つ鱗茎

イモカタバミ
 花の色:濃い
 花弁中央部:色が濃い
 根:芋状の鱗茎





syousuke0202 at 00:25コメント(2)トラックバック(0)3月の撮影   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by れおわんわん   2010年08月17日 08:09
可愛いんですけど、イモカタバミ同様(区別もつかないけど)仕事場では雑草として処理しちゃってます。すみません。こうして見ればとても綺麗なんですけどねえ。
2. Posted by syousuke   2010年08月17日 08:43
>れおわんわんさん、おはようございます。
確かにカタバミの仲間の繁殖力は凄いみたいです。
ムラサキカタバミなんて種子も出来ないのに燐茎だけで凄い勢いで増えてしまうから、可愛いとか言ってる場合ではないのも当然ですね。^^;

可愛いからと庭に持ち帰って後悔している人がたくさんいるようです・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: