2010年08月02日

フヨウ(芙蓉)

Hibiscus mutabilis
フヨウ(芙蓉)
2010年07月30日 京阪天満橋付近にて

フヨウ(芙蓉) フヨウ(芙蓉)
2010年07月30日 京阪天満橋付近にて


アオイ科 Malvaceae
フヨウ属 Hibiscus

原産地は中国で、台湾、沖縄、日本の九州・四国に自生する。日本では関東地方以南で観賞用に栽培され、7〜10月始めにかけてピンクや白で直径10〜15cm程度の花をつける。幹は高さ1.5〜3m。朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日次々と開花する。

同属のムクゲと同時期に良く似た花をつけるが、直線的な枝を上方に伸ばすムクゲの樹形に対し、本種は多く枝分かれして横にこんもりと広がること、葉がムクゲより大きいこと、めしべの先端が曲がっていること、で容易に区別できる。

葉は互生し、表面に白色の短毛を有し掌状に浅く3〜7裂する。 花は他のフヨウ属と同様な形態で、花弁は5枚で回旋し椀状に広がる。先端で円筒状に散開するおしべは根元では筒状に癒合しており、その中心部からめしべが延び、おしべの先よりもさらに突き出して5裂する。果実はさく果で、毛に覆われて多数の種子をつける。寒地では冬に地上部は枯れ、春に新たな芽を生やす。
ウィキペディアより引用



フヨウ(芙蓉)
2010年07月30日 京阪天満橋付近にて


私はフヨウ、ムクゲと見間違えないでね〜

と、言いながらへそ(雌しべ)を曲げているように見えます。^^;

パッと見、本当に花はよく似ていますが違いが分かりやすい〜☆

葉っぱもでかいし♪


フヨウ(芙蓉)
2010年07月30日 京阪天満橋付近にて




<2014/09/10 追記>
大阪城公園 早稲田の森のフヨウです。
上記のフヨウと同様に真夏にも暑さに負けず咲き誇っていたのですが、昨年あたりから夏真っ盛り(猛暑期)には咲かなくなりましたが、9月に入って少しだけ猛暑が落ち着くとまた咲き出しました。暑さに強い印象でしたが、猛暑には弱いようです。^^;

お盆の頃までは蕾も無かったのに、今はたくさん付いてます。^^
DSC_2906
2014/09/08 大阪城公園 早稲田の森にて EOS kissDigital x EF 35-135 USM F4-5.6



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 00:30コメント(0)トラックバック(0)3月の撮影 | 12月の撮影  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: