2010年07月26日

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)

Silene armeria
ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
2010年07月18日 R168 天野川トンネル付近にて

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
2010年07月18日 R168 天野川トンネル付近にて


ナデシコ科 Caryophyllaceae
マンテマ属(シレネ属) Silene

ナデシコ科の越年草。ハエトリナデシコ、コマチソウの別名がある。

原産地はヨーロッパで、現在は世界の温暖な地域に広く分布する。茎の高さ30-60cmに成長する。葉は卵形あるいは広披針形で対生し、基部は茎を抱く。また葉の根元から茎が分岐する。茎上部の葉の下に粘液を分泌する部分が帯状にあり、ここに虫が付着して捕らえられることがある。

5月から6月にかけて枝の先に紅色で直径1cmの5弁の花を多数つける。雄蕊は10本、萼は花弁と同じ紅色で長さ約15mmの筒状である。

名称の由来は上記の粘着部で小昆虫を捕らえることであるが、捕獲された昆虫を消化吸収することはなく食虫植物ではない。花の蜜を盗むだけで、効果的な受粉に与らないアリが、茎をよじ登って花に達するのを妨げていると考えられている。

日本では江戸時代に鑑賞用として移入されたものが各地で野生化しており、道端や空き地でも群生しているのを良く見かける。
ウィキペディアより引用

ちなみに白花も存在するそうです。


ムシトリナデシコ(虫取り撫子)
2010年07月18日 R168 天野川トンネル付近にて


私の住む街中では公園や河川敷でも見かけたことはありません。
珍しくはない草花だそうですが、初めての出会いでした。
国道脇の土手にひっそりと咲いていました。

せっかく好みの花に出会えたのに、少し出会った時期が遅かったようです。
すっかり盛りが過ぎていました。^^;

しっかり記憶して、来年はとことん観察してみたいです。^^




syousuke0202 at 21:40コメント(4)トラックバック(0)3月の撮影   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by れおわんわん   2010年07月27日 06:42
この花好きです。
その辺でよく見かけるけど、そちらのほうでは余り見ないのですか。
距離的にはさほど遠くはないのに、やっぱりこちらは随分と田舎なんでしょうね。

名前の由来も、虫を取るって事も知らなかったです。
2. Posted by syousuke   2010年07月27日 13:12
>れおわんわんさん、こんにちは〜
れおさんもちっちゃい野草が好きみたいですね。
白状すると、イヌノフグリを覚えたのはれおさんの日記からでした〜
だからきっとムシトリナデシコも好みだろうと思っていましたよ。^^

ところで、不思議にもこちらでは見かけません。
やはり、絶対的に土の面積が違うから仕方ないかな〜

3. Posted by yama   2010年07月29日 23:55
5 syousukeさん、こんばんは。

良く撮っていましたムシトリナデシコ♪ かわいいちっちゃなお花ですね^^
花期のことですが、サイトには、春とか5月から8月とか書いてあったりします。しかし、かなり遅くまで(11月や12月にも)見つけて驚いていたこと、今思い出しています。地球温暖化現象かもしれません!?気になってサイト調べたら、12月に撮った方もおられたので、今年もまだチャンスあるかも知れません!?

でね、昨年11月に引っ越した来た今の土地では、私もまだ見かけていないのです。以前住んでいたところは、隣町になりますが、朝に夕に春に秋に会っていました(^ム^)
4. Posted by syousuke   2010年07月30日 00:11
>yamaさん、こんばんは〜
アドバイスありがとうございます。^^
そうなんですか〜
それほど花期が長いのならまだまだイケますね〜
実は、「アリさんホイホイ」になってるところなんかを撮ってみたいなぁ、なんて思っています。^^;

> 今の土地では、私もまだ見かけていないのです。

不思議ですね、植物の分布って!
それもきっと意味があるのでしょうね。

とりあえず今年中に会いに行ってきます。^^
ありがとうございました〜♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: