2010年07月07日

オニグルミ(鬼胡桃)

Juglans mandshurica subsp. sieboldiana
オニグルミ(鬼胡桃)
2010年06月14日 大阪城公園にて


クルミ科 Juglandaceae
クルミ属 Juglans
マンシュウグルミ Juglans mandshurica  

オニグルミは落葉高木で、日本と樺太に分布する。日本においては九州から北海道にかけて広く分布する。主に山間の川沿いなどでよく見られる。大型の奇数羽状複葉で、特に初夏の開花時期には垂れ下がった雄花序と共によく目立つ。

種子は食用になるが、広く市販されるテウチグルミやシナノグルミに比較して種子がやや小さく、殻が厚めで非常に固いので、仁を綺麗に取り出すのは容易ではない。その代わり味は濃厚である。リスやネズミの食料としても重要である。花期は5~6月ごろ。風媒花で雌雄同株。一般に野生のクルミのこと全般をオニグルミということもある。日本においてクルミ属で自生するものには、他にヒメグルミがある。

殻が非常に堅いこと、破片が鋭利である点が、東洋ゴム工業に評価されて、スタッドレスタイヤの素材として用いられるようになった。
ウィキペディアより引用


山野の川沿いなどによく生えている、高さ 25 メートルくらいにもなる落葉高木で、雌雄同株で雄花序は長く垂れ下がるとのことです。花期は晩春〜初夏だそうですが残念ながら花を見落としました。来年は絶対に撮らなければ!


オニグルミ(鬼胡桃)
2010年07月01日 大阪城公園にて


珍しい植物ではないはずなんですが、大阪市内で見かけることはほとんどありません。
たぶん過去に何度もみてるはずで、その上これがオニグルミである事をも教えてもらっていたはずなんですが記憶にありませんでした。都会人のつまらないところです。

でも、写真に撮って整理すると覚えられます。^^

大きな立派な果実に触れてみました、少しべたついて不思議な触覚でした。
たぶんもう忘れません。

オニグルミ(鬼胡桃)
2010年07月01日 大阪城公園にて


ちなみに、この公園を手入れしている職員の方に聞いてみましたがご存知ありませんでした。年配の方たちでしたが、興味ないのですね〜^^;

その方たちの感覚が、とても不思議でしたよ・・・(謎)



syousuke0202 at 09:54コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: