2010年07月02日

ネジバナ(捩花)

Spiranthes sinensis (Pers.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara
ネジバナ(捩花)
2010年06月24日 大阪城公園にて


ラン科 Orchidaceae
ネジバナ属 Spiranthes

小型のラン科の多年草。別名モジズリ(綟摺)。

湿っていて日当たりの良い、背の低い草地に良く生育する。花色は通常桃色で、小さな花を多数細長い花茎に密着させるようにつけるが、その花が花茎の周りに螺旋状に並んで咲くことからこの名がある。 「ネジレバナ」、「ネジリバナ」、「ねじり草(そう)」とも呼ばれる事もある。

花茎から伸びる子房は緑色で、茎に沿って上に伸び、その先端につく花は真横に向かって咲く。花は小さく、5弁がピンク、唇弁が白。花のつく位置が茎の周りに螺旋状であるため、花茎の周りにピンクの花が螺旋階段のように並ぶことになる。この螺旋は右巻きと左巻きの両方が見られる。白花や緑色の個体もしばしば見られる。コハナバチのような小形のハナバチなどが花粉塊を運んで他花受粉が起こると考えられるが、長期にわたって花粉塊が運び去られないと、これが崩壊して柱頭に降りかかり、自家受粉を成立させることが知られている。

葉は柔らかく厚みがあり、根出状に数枚つける。冬期は楕円形だが生育期間中は細長く伸びる。根は極めて太短く、細めのサツマイモのような形で数本しかない。

ごく稀に真っ白い花をつける個体が見られ、園芸愛好家に特に好まれる。
ウィキペディアより引用


ネジバナ(捩花) ネジバナ(捩花)
左:2010年06月24日 右:2010年06月27日


写真でしか見たことが無くて、ずっと出会いを楽しみにしていました。
やっと出会えたのですが、これが上手く撮れない・・・ (-_-;

炎天下で頭はくらくらするけどぶれないように息を止めながら構えると風が吹く。
こんな日に風が吹くと気持ち良いんですけどね〜 複雑な気分です。^^;

ま、いいか〜
また後日撮り直せば!

そう思って悠長に構えていると・・・
今日、行ってみると跡形も無く、刈り込まれていました〜 (T_T)

公園管理側からすれば、雑草なのね・・・




syousuke0202 at 03:00コメント(2)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年07月02日 07:59
とうとう登場しましたね・・・

私が今、世界で一番好きな花です。これ以上好きな花に出逢えるかな??・・・

私の人生の恩師です。そう・・・思っています。

とにかくスキです。大好きです・・・

嬉しい・・・ありがとう。また来年必ず逢えるから。
一緒に見に行こう・・・連れて行ってね〜



2. Posted by syousuke   2010年07月02日 09:21
>滝ちゃん、おはよう!
お〜、それほど喜んでいただけるとは〜♪
滝ちゃんが、ネジバナが好きなのは想像してたけど、世界一とは驚きだ〜^^;

実はね今朝、違う場所に見つけちゃいました〜☆
早朝にコマツヨイグサを撮りに行って、ついでにコースを変えて歩いてると見つけたのです。思いは通じるね。

来年でなくてもまだ今年も見れるよ〜^^
では今度、ウォーキングオフ会でもやりますか?
カメラもって、撮影会も兼ねて!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: