2010年06月23日

ワルナスビ(悪茄子)

Solanum carolinense
ワルナスビ(悪茄子)
2010年06月12日 久宝寺緑地にて


ナス科 Solanaceae
ナス属 Solanum

アメリカ合衆国南東部(カロライナ周辺)の原産。日本も含め世界的に帰化している雑草である。

茎や葉に鋭いとげが多いうえ、垂直および水平に広がる地下茎および、牛糞などに混じる種子でよく繁殖し、除草剤も効きにくく、一度生えると駆除しにくい。耕耘機などですきこむと、地下茎の切れ端一つ一つから芽が出て独立した個体に再生し、以前より増えてしまう始末の悪さである。和名の「ワルナスビ」は、このような性質により付けられた。日本では昭和初期に千葉県成田市の御料牧場で牧野富太郎により発見及び命名され、以降全国に広がっている。

花は白または淡青色でナスやジャガイモに似ており春から秋まで咲き続ける。果実は球形で黄色く熟しトマトに似ている。しかし、全草がソラニンを含み有毒であるため、家畜が食べると場合によっては中毒死することがある。英語でも"Apple of Sodom"(ソドムのリンゴ)、"Devil's tomato" (悪魔のトマト)などという悪名でも呼ばれている。
ウィキペディアより引用



ワルナスビ(悪茄子)
2010年06月12日 久宝寺緑地にて


酷いネーミングと思っていたけど、詳しく知れば知るほど当然のように思えてきた。
何処からでもかかって来なさいと言わんばかりの立ち姿。
その上、毒まで備えているとは恐るべし・・・ (-_-;

花は純白で可愛いのになぁ・・・


ワルナスビ(悪茄子)
2010年06月12日 久宝寺緑地にて




syousuke0202 at 09:49コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: