2010年06月21日

ナツツバキ(夏椿)

Stewartia pseudocamellia
ナツツバキ(夏椿)
2010年06月14日 中央区北浜にて

ナツツバキ(夏椿)
2010年06月14日 中央区北浜にて


ツバキ科
ナツツバキ属

ナツツバキは落葉高木であり、宮城県以西の本州、四国、九州に分布する。花は直径5cmほどで、花弁には繊細なしわがある。5枚の花弁の内最も外側の1枚はやや緑色を帯びている。雄しべは多数が集まって5つの群にまとまり、根元で合生している。雌しべの先端は5つに分かれている。目立つ花ではないが、山路を歩いていると道に落ちていることで、気づくことが多い。清楚な花であり、夏の山歩きではぜひ出会いたい花の1つである。

葉は落葉と常緑でかなり質感は異なるが、ツバキ科であると言われると、なるほど端正なヤブツバキの葉と似ている。岡山県から広島県にかけての地方では、ナツツバキを「サルスベリ」とよぶ方言名がある。樹皮は生長すると斑紋状にはげ落ち、つるつるとして滑りそうである。ナツツバキの他、リョウブも同様な樹皮をしており、サルスベリと呼ばれる。ナツツバキは同属のヒメシャラとともに、シャラノキと呼ばれることも多い。沙羅の木であり、お釈迦様が修行した沙羅樹をイメージしたものであるが、沙羅樹とは別種である。
植物生態研究室(波田研)より引用



確かにツバキの仲間といわれるとなるほどと思うが、まさかこの時期にツバキとは夢にも思いませんでした。^^;

花弁に入った繊細なしわに惹かれます。
初めて出会った花木ですが強烈にインプットされました。^^♪



syousuke0202 at 00:13コメント(4)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年06月21日 21:55
これはとっても「品」があるね〜

花びらがいい・・・

オシベやメシベの色合いも好き。。。

「沙羅双樹」の仲間かと思ったらチガウんやね〜
奥深いわ・・・
2. Posted by syousuke   2010年06月21日 23:31
>滝ちゃん、こんばんは〜
どうも、このナツツバキは「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれているみたいですね。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常のの響きあり、沙羅双樹の花の色・・・」

ここにでてくる沙羅双樹は、このナツツバキの事だそうです。

朝咲いたら夕方にはもう散ってしまう短い花の命を、平家一門の栄枯盛衰に喩えられたようですが、実際の釈迦が亡くなったときに生えていたといわれる沙羅双樹は熱帯樹で日本では温室でないと栽培できないそうです。

何故、沙羅双樹って呼ばれるようになったのかは分からないみたいですね。なんかむずかしい!

でも、花びらが可愛いね〜♪
3. Posted by yama   2010年06月22日 07:33
5 この花大好きなのです(*^_^*)
以前住んでいたアパートの庭に咲いていました!ベランダの目の前にあったので、あの頃?を思い出してしまいます♪ 花名も、どう書いても(なつつばき・ナツツバキ・夏椿)好きな響きです♪
アパートの庭にあったのは、ヒメシャラだったかな〜!?
強烈にインプットは、(出会って8年くらいかな?)私今でも薄くなっていない
4. Posted by syousuke   2010年06月22日 23:20
>yamaさん、こんばんは〜
きっと僕もずっと昔に出会ってるのでしょうけど、お恥ずかしい話、酒に溺れる生活をしていましたから花を愛しむ気持ちに欠けていたので気付かずに来てしまったのだと思います。
(道草でカムアウトしてしまった! -_-;)

でも、遅ればせながらでも気付きましたよ〜

ナツツバキ、可愛いですよね。^^
ヒメシャラは未だ出会えてないけど、ちっちゃいのも可愛いでしょうね〜^^♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: