2010年06月13日

エンジェルストランペット(木立朝鮮朝顔)

Brugmansia
キダチチョウセンアサガオ属(エンジェルストランペット)
2010年05月28日 京橋にて

キダチチョウセンアサガオ属(エンジェルストランペット) キダチチョウセンアサガオ属(エンジェルストランペット)
左:2010年05月28日 右:2010年06月02日


ナス科 Solanaceae
キダチチョウセンアサガオ属 Brugmansia

ナス科の属のひとつで、低木または高木である。学名のカタカナ表記で、ブルグマンシア属と呼ぶこともある。また、園芸名でエンジェルストランペット、エンジェルトランペット(Angel's Trumpet)と呼ばれることが多い。花言葉は、愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌。

かつては近縁のチョウセンアサガオ属に含めていた。そのため園芸名ではチョウセンアサガオ属(Datura)の学名からダチュラの名が使われる場合もある

春から秋にかけて、下向きに垂れ下がった花をつける。つぼみには卵形、球形、紡錘形などがあり、花はつぼみから飛び出すような形で咲く。花弁の先端は、5つに分かれ反り返る。原産地はアメリカの熱帯地方だが、暑さが苦手で高地にしか生息していない。そのため熱帯気候となる日本では、夏季の生育が緩慢になり、管理を怠ると最悪枯れてしまう場合もある。しかしキダチチョウセンアサガオ属は低温に強く、丈夫で育てやすい植物である。春温かくなってから旺盛に生育してゆき、開花時期には大型の株にたくさんの花をつけるのがとても魅力的である。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


キダチチョウセンアサガオ属とチョウセンアサガオ属の見分け方は、

キダチチョウセンアサガオ属
 高木または低木で、下向きの花をつける。
チョウセンアサガオ属
 一年草または多年草で、上向きの花をつける。

とのことです。
どちらも毒草に分類されるそうなので注意が必要です。
見た目だけでは分からないものですね。^^;



syousuke0202 at 00:24コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: