2010年06月08日

ツタバウンラン(蔦葉海蘭)

Cymbalaria muralis
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)
2010年05月29日 中央区内平野町道路脇にて

ツタバウンラン(蔦葉海蘭) ツタバウンラン(蔦葉海蘭)



ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
キンバラリア属 Cymbalaria

ヨーロッバ原産であるが、北海道から本州に帰化している。ほふく性で開花期は初夏から夏。花は唇形で、薄い青紫色をしており距(きょ)がある。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


葉は円形から扁円形で掌状で5から7浅裂し、先の細るタイプや先の平たくなるタイプがあるようで、園芸植物から野生化したものらしく、ウンランカズラ、ウンナンカズラ、ツタカラクサ、カラクサカズラ、マルバノウンラン、コロセウムアイビーなどと別名は多い。

匍匐性の茎は節から不定根を出していくようで、繁殖力は強そうです。
あまり見かけませんが、増えそうな気がします。
個人的には好みのタイプなので増えて欲しい...^^;


ツタバウンラン(蔦葉海蘭)
2010年05月27日 撮影


似ている花:
トキワハゼ(常盤はぜ)
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
カキドオシ(垣通)


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 03:18コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: