2010年06月07日

シモツケ(下野)

Spiraea Japonica
シモツケ(下野)
2010年06月05日 大阪城公園にて

シモツケ(下野)
2010年06月05日 大阪城公園にて


バラ科 Rosaceae
シモツケ亜科 Spiraeoideae
シモツケ属 Spiraea

開花時期は、6/上〜8/上頃
秋に再び咲くこともある。

北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に自生する。成木の樹高は1mほどであり、初夏に桃色または白色の集合花を咲かせ、秋には紅葉する。古くから庭木として親しまれてきた。

和名は下野国(現在の栃木県)に産したことに由来するという。

同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。 シモツケは富士山にも咲いている。

寒さに強く、日当たりを好む。

耐寒性:強い 耐暑性:普通

栽培難易度:育てやすい
ウィキペディア(Wikipedia)より引用



シモツケ(下野) シモツケ(下野)
2010年06月04日 大阪城公園にて


去年同じ場所で撮ったとき、暫くのあいだ名前が分からず困ったのを思い出します。
今考えると、とてもメジャーな樹木なのに・・・

でもおかげさまで完全にインプットされています。
咲き出すのを心待ちにしていました♪

しべの長さがとても印象的だったのです。^^


syousuke0202 at 23:54コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2010年06月13日 20:54
季節が廻りましたね^^
早いものです、1年って。。

いつも書いております・・花は変わらないですが、花を見つめるsyousukeさんの目は明らかに変わった♪ こんな素敵な変わり様を、PC画像で毎晩楽しませて戴いています。言葉だけの繋がりも、思わぬ嬉しさとなっています♪ありがとうございます。

先日、コデマリを写した写真をシモツケですね!?と言われました。実際両方見ている者としては、何となく?特徴掴んでいる!? 蘂の長さとか花の付き方・枝ぶりとか。。
ちらっと検索したら、同じバラ科ですが属が違う「アメリカテマリシモツケ」なるモノが出てビックリしました^_^; syousukeさんはご存知かもしれませんが、訳分からなくなります(@_@)
2. Posted by syousuke   2010年06月13日 22:13
>yamaさん、こんばんは〜
一年、はやいです。
若い頃と違って残りが少ないだけに、もっとゆっくり流れて欲しい。(笑)

お恥ずかしい話、やっと酒が抜けてきたのだと思います。^^;
以前は、花に興味は全くありませんでした。
植物といえば、リカーに浸ける木の実が付くものか、春先の山菜、あとはイモやユリ根のように食べれる根っこ。
要するにお酒の肴になる植物しか興味なかったのです。

でもデジカメに出会え、yamaさんたちに出会え、新たな趣味に目覚めました。僕のほうこそ感謝していますよ〜
ありがとうございます。^^♪

アメリカテマリシモツケ、知りませんでした〜
コデマリもシモツケも同じシモツケ属なのに、テマリシモツケ属ってややこしすぎますね。^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: