2010年06月03日

ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)

Toriodanis biflora Greene
ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)
2010年05月25日 大阪城公園にて


キキョウ科
キキョウソウ属
ヒナキキョウソウ

1年草
北アメリカ原産の帰化植物。茎は直立し、あまり分岐せず、高さ40cmほどになる。葉は卵形で低い鋸歯があリ、無柄で互生、基部はやや心臓形になるが茎を抱かない。葉腋に直径5〜7mmほどの紫色で星形の花を一つずつつける。ただし、多くの花が閉鎖花となる。花期は5〜7月。
「花図鑑・サイクリング日記」より引用



これは久々のヒットです〜♪

やっぱ、小さな花が可愛いなぁ^^

おまけに、大好きな瑠璃色系〜☆

きっと瑠璃色にはフェロモンが・・・


ヒナキキョウソウ(雛桔梗草) ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)
2010年05月28日 大阪城公園にて


雌しべに注目してください!

左の柱頭の形がこん棒状のは、開花してから間のない若い花です。
右の柱頭が3つに分かれているのは成熟した花のようです。


ヒナキキョウソウ(雛桔梗草) ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)
2010年05月28日 大阪城公園にて


茎のトップ以外は閉鎖花のようです。
今回出会ったヒナキキョウソウのコロニーではトップのみに開放花が付いていました。

不思議なのは閉鎖花が結実し、開放花に結実が見られなかったことです。
引き続き観察強化アイテムです。^^


<追加>
ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)
2010年06月03日 大阪城公園にて


閉鎖花が結実して種子が成熟した頃に果実の表面に窓が開き、種子が転がり出ます。



syousuke0202 at 00:01コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年06月03日 08:08
「閉鎖花」って花が開かないってこと???

蕾を持ってもトップだけが咲くの???
なんでやろね〜

やっぱり生き残るための知恵かな???
また教えてね〜

でも、カワイイね!!「瑠璃色」でイチコロやね・・・(笑)
2. Posted by syousuke   2010年06月03日 22:59
>滝ちゃん、こんばんは〜

> 「閉鎖花」って花が開かないってこと???
そうなんです。花の一部もしくは全体が開かず、自家受粉してしまう現象のことをそう呼ぶみたいです。

> 蕾を持ってもトップだけが咲くの???
ごめん、これは写真が分かりにくかったです。
2本あって、つぼみもトップなんです。
このつぼみは開くはずです。
ヒナキキョウソウの閉鎖花は花弁が出来る前に子房が閉じるようです。

どうも自家受粉(閉鎖花)で確実に種子を作って子孫を増やす仕組みみたいなんですが、遺伝的組合せの多様性の低下をもたらすことは種としての適応度の低下を意味し、種の存続の危機につながることもあるので、遺伝子の組み合わせのバリエーションを多様化するために開放花も設けるのではないかと考えられているようです。

> でも、カワイイね!!「瑠璃色」でイチコロやね・・・(笑)

バッキューン
イチコロです。^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: