2010年06月02日

マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅)

Raphiolepis indica var. umbellata
マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅)
2010年05月17日 大川河川敷銀橋付近にて


バラ科 Rosaceae
シャリンバイ属 Rhaphiolepis
マルバシャリンバイ Raphiolepis indica var. umbellata

常緑低木
山形県〜九州の海岸に自生し、高さ2〜6m。枝は車輪状に出る。葉は枝先に密に互生し、長さ4〜8cmの倒卵形でふちに浅い鋸歯がある。質は厚く、表面に光沢がある。枝先に円錐花序をだし、白色の5弁花をつける。果実は球形で黒紫色に熟し、白粉をかぶる。花期は4〜5月。
先端が丸く鋸歯の少ないものをマルバシャリンバイ、先端が尖るものをシャリンバイとして区別することがある。
「花図鑑 サイクリング日記」より引用


マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅) マルバシャリンバイ(丸葉車輪梅)


乾燥や大気汚染など厳しい環境でも生育可能なようで、道路脇の分離帯などに植栽されたりしているがあまり手入れもされず可哀そうな扱いを受けています。やはりかよわい方が得なのかもしれない。^^;




syousuke0202 at 01:17コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: