2010年05月30日

カキドオシ(垣通)

Glechoma hederacea subsp. grandis
カキドオシ(垣通)
2010年04月25日 私市くろんど園地にて

カキドオシ(垣通)
2010年04月25日 私市くろんど園地にて


シソ科 Lamiaceae
カキドオシ属 Glechoma
カキドオシ G. h. subsp. grandis

日本全土の道端などに自生する多年草。茎は長く横に這い、所々から根を下ろす。横枝は時に多少立ち上がることもある。葉は長い柄があり、睡蓮の葉のような円形から狭い扇形を切り取った形。対生し、柔らかく、しわがあって毛が生えている。葉は揉むと強い香りがある。

開花期は春(4〜5月)。花は葉腋から出て、薄い紫〜紅紫で斑点がある。

隣接地から垣根を通して進入してくることがカキドオシの名前の由来となっている。

生薬
全草を乾燥したものは連銭草(れんせんそう)という生薬名で、子供の癇の虫に効くとされる。このことから別名カントリソウという。また血糖値降下作用、体内の脂肪を溶解させる作用があるなどとしてダイエット茶とされることもある。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


カキドオシ(垣通) カキドオシ(垣通)


花の感じはゴマノハグサ科のムラサキサギゴケ(紫鷺苔)に似ていますが、カキドオシはシソ科でまったく違う仲間です。

それに、よく見るとユニークな形の花ですね。
恐くないお化けみたいです。^^;

もう少し上手く撮りたかったのですが、なかなか大阪市内では出会えなくて・・・
来年の楽しみに取っておきます。^^;


似ている花:
トキワハゼ(常盤はぜ)
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 02:17コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: