2010年05月12日

オダマキ(苧環)

Aquilegia flabellata
オダマキ(苧環)
2010年04月24日 中央区大手前通りにて


キンポウゲ目 Ranunculales
キンポウゲ科 Ranunculaceae
オダマキ属 Aquilegia

ミヤマオダマキを園芸化したもので、日本では単にオダマキというとこの種を指すことが多いようです。それ以外のものはセイヨウ〜やミヤマ〜のように頭になにか付きます。草丈は30〜50cm、花色は青紫から白まで幅があります。

日本が原産のミヤマオダマキと、ヨーロッパなどが原産の西洋オダマキの2グループに大別されます。ミヤマオダマキは白から紫までの色幅があり、変わったところでピンクがかった園芸品種もあります。草丈は20-30cmで、径4cmほどの花をつけます。それに対して西洋オダマキは、草丈70cmに達し、花色も、赤・桃・白・黄などカラフルです。花はおおよそ5月〜6月頃の初夏に咲きます。

花は5枚の萼(がく)と筒状の花びらからなっており、がくの後ろ側には距(きょ)が角のように突き出ています。葉っぱは長い軸の先に3枚の小さな葉が付いた三出複葉(さんしゅつふくよう)です。花後、花茎の先に細長い莢が5つ集まった果実を付け、熟すと先端が開いて中から光沢のある黒いタネが出て来ます。
ヤサシイエンゲイより引用


オダマキ(苧環) オダマキ(苧環)

オダマキ(苧環) オダマキ(苧環)


一度観たら、一生忘れられないほど強烈でした!

色、大好きです。

形、なんて妖艶なんでしょう。(*^^*)


オダマキ(苧環)


原種の高山植物であるミヤマオダマキにかなり近い園芸種です。
ミヤマオダマキと見間違えるところでした。
都会で出会えるわけないのにね〜☆


2010年5月18日 色違いの種 を追加しました。


syousuke0202 at 00:16コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年05月12日 08:02
「三年」・・・のご褒美やってんね。
足掛け三年と言います。ひとつの通過点です。

でも、そうそう「ご褒美」も大事です。

おかげでステキなお花たちを見せていただけてシアワセでございます〜ありがと!

山に咲く「おだまき」はそれはそれは可憐ですよ・・・

やっぱり好きな花の「ツボ」が一緒やね。
2. Posted by syousuke   2010年05月13日 00:18
>滝ちゃん、こんばんは〜
はは、恥ずかしながら・・・
誰も誉めてくれへんから自分で自分にご褒美。^^;
どうしても手に入れたい物を目の前にぶら下げて目標達成の動機付けにしちゃいました〜
馬面にニンジンって感じかな・・・(爆)

ところで、ほんまにツボが一緒ですね〜^^♪
付き合い長いのに今まで知らんかったとは、摩訶不思議〜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: